HOME 魚種ごとの反応 マダイを追う vol.8

魚種ごとの反応

マダイを追う vol.8

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マダイを追う vol.8 GPS魚探映像 底質が「MUD」(泥)から「RCKS」(岩)へ変化した辺りでマダイがヒットしました

当日は潮と風が逆向きで、ボートが風によるブレーキを受けながら潮流よりもゆっくり流れるような状況で、船速は0.3ノット程度でした。
画面左側が周波数50キロヘルツ、右側が200キロヘルツで海中を探知した画面キャプチャー画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深52.2メートル
  • 海底底質は「SAND」(砂)、「MUD」(泥)から「RCKS」(岩)へ変化した
  • 海底付近に魚らしき反応が点在している

この魚探画面をキャプチャーしたのは、60センチ級のマダイを取り込む直前でした。
画面内の右斜め上方向に伸びる線がリールの巻き上げによって浮上するマダイの軌跡で、今回はタイラバと呼ばれるラバージグを用いる釣法にてマダイをゲットしました。

マダイは岩礁周りを好んで生息しますが、険しい岩礁が連続する場所よりも岩礁と砂地が交互に連続するような場所が好ポイントであり、ボートを流す際にはそのようなコース取りができればベストです。
この時のマダイも根(岩礁)の際付近でヒットしました。そのことは魚探画像で底質が丁度、「MUD」(泥)から「RCKS」(岩)へ変化している付近からマダイの軌跡が伸びていることからもわかります。

ラバージグを用いるマダイ狙いでは、フォール(降下)させたジグを着底と同時にリトリーブ(巻き上げ)へ移行することが鉄則です。ジグがフォールしていく段階からマダイは目でジグを追っているといわれています。
ジグは動きを与えることで生き物らしく見えるようになるものなので、着底したままジグを静止していたらマダイに見切られてしまうのかもしれません。
つまり、フォール→着底→リトリーブ→フォール・・・を休むことなく繰り返すタイラバ釣法では特に着底時にジグを静止させないことが大切です。

ボート直下の水深は52.2メートルであり、先ほどまでの底質「SAND」(砂)や「MUD」(泥)の場所よりも8メートルほど水深が浅くなっています。
魚探で常にボート直下の最新の水深を確認しながら、フォール時はラインの出をサミング(親指でコントロール)しながらジグをゆっくり降下することがマダイにジグの存在をアピールする上でも、また根掛かりを防止する上でも有効です。

  • マダイを追う vol.8 釣果写真 当日ヒットしたマダイは精悍な面構えの60センチ級♂でした
  • マダイを追う vol.8 水中画像 魚探を使いこなし、自ら選んだポイントにて。本命に出会えると本当に嬉しい

普段マダイが遊泳する範囲は海底付近から宙層までですが、捕食対象となるエサが存在するタナ次第ではさらに表層近くにまで浮上することがあります。小型のマダイは群れで行動することが多いのですが、成長するにつれ単独でも行動するようになります。どのタナを泳いでいても魚探で捉えやすい魚の一つといえます。
この映像撮影時はマダイが中層から現れ、高根周りに群れているイサキの幼魚に近づいていきました。ゆっくり泳いでいるのはイサキに対して警戒心を与えないためなのか?襲い掛かるタイミングを見計らっているためなのか?は不明ですが、マダイが近づいてくるとイサキは避けるように機敏に逃げ回っていました。魚探では小魚の群れを面積のある魚群反応として捉えることができますが、1尾だけで泳ぐ魚の場合にはたとえ大きなマダイであっても魚探ではその姿が点のような小さな反応としてしか画面に映らないことがよくあります。ポイント探しでは点のような小さな反応でも見落とさないような注意力が求められます。

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F