HOME 動画ギャラリー

動画ギャラリー

魚が泳ぐ姿を捉えた水中動画やGPS魚探の使い方などをご紹介

水中映像

釣り魚の生態を短い動画でご紹介します。

アカハタ vol.3

水深20メートルほどの砂地に根(岩礁)が点在する場所で撮影した体長35センチほどのアカハタです。同じような場所に棲息する魚にカサゴがありますが、カサゴの場合にはその容姿が岩礁にそっくりなので発見しづらいのに対し、アカハタは水中でも目立つ体色なので発見も比較的容易です。
アカハタは目立つ分、外敵から身を守るためにもカサゴよりも泳ぎの能力が高く、また動くエサに対しても積極的に追って捕食します。普段はこの映像のように海底付近に居ますが、ラバージグを使った釣りでは海底から10メートルほど上のタナでもヒットすることがしばしばあります。映像のアカハタには寄り添うように黒い細身の魚が写っていますが、この魚は他の魚に付いた寄生虫を食べることから、”掃除屋さん”の異名を持つホンソメワケベラという魚です。アカハタにとっては寄生虫を食べてもらえるので大人しく、気持ち良さそうにホンソメワケベラによる清掃活動に協力しています。

魚種ごとの反応「アカハタ」の記事を読む

GPS魚探を使いこなして絶好釣!

フルノフィールドテスター小野信昭氏が、「GPSプロッタ魚探の画面を判断して」「ポイントを絞り込み」「実際に魚を釣り上げる」── その一部始終を動画に収録しました。GPSプロッタ魚探を使いこなしたい全てのボートアングラーにとって、見逃すことのできない貴重な映像です。
さらには前アタリからスリリングなやり取りまでを撮った動画は、釣り人のアドレナリン分泌を刺激すること間違いなし!

※ この動画はボート倶楽部2014年11月号に付録DVDとして掲載されたものを再編集したものです。

プレゼンテーション

ジャパンインターナショナルボートショーで行ったプレゼンテーションの模様をご紹介します。