HOME 動画ギャラリー

動画ギャラリー

魚が泳ぐ姿を捉えた水中動画やGPS魚探の使い方などをご紹介

水中映像

釣り魚の生態を短い動画でご紹介します。

マダイ vol.2

普段マダイが遊泳する範囲は海底付近から宙層までですが、捕食対象となるエサが存在するタナ次第ではさらに表層近くにまで浮上することがあります。小型のマダイは群れで行動することが多いのですが、成長するにつれ単独でも行動するようになります。どのタナを泳いでいても魚探で捉えやすい魚の一つといえます。
この映像撮影時はマダイが中層から現れ、高根周りに群れているイサキの幼魚に近づいていきました。ゆっくり泳いでいるのはイサキに対して警戒心を与えないためなのか?襲い掛かるタイミングを見計らっているためなのか?は不明ですが、マダイが近づいてくるとイサキは避けるように機敏に逃げ回っていました。魚探では小魚の群れを面積のある魚群反応として捉えることができますが、1尾だけで泳ぐ魚の場合にはたとえ大きなマダイであっても魚探ではその姿が点のような小さな反応としてしか画面に映らないことがよくあります。ポイント探しでは点のような小さな反応でも見落とさないような注意力が求められます。

魚種ごとの反応「マダイ」の記事を読む

GPS魚探を使いこなして絶好釣!

フルノフィールドテスター小野信昭氏が、「GPSプロッタ魚探の画面を判断して」「ポイントを絞り込み」「実際に魚を釣り上げる」── その一部始終を動画に収録しました。GPSプロッタ魚探を使いこなしたい全てのボートアングラーにとって、見逃すことのできない貴重な映像です。
さらには前アタリからスリリングなやり取りまでを撮った動画は、釣り人のアドレナリン分泌を刺激すること間違いなし!

※ この動画はボート倶楽部2014年11月号に付録DVDとして掲載されたものを再編集したものです。

プレゼンテーション

ジャパンインターナショナルボートショーで行ったプレゼンテーションの模様をご紹介します。