HOME 動画ギャラリー

動画ギャラリー

GPS魚探の使い方や、新製品の動画などをご紹介

水中映像

広い海を泳ぐ魚の姿を動画でご紹介します。

カマス

カマスは群れを形成し、エサとなるイワシ類の稚魚を追って水深5メートルほどの浅場から水深200メートルを超えるような深場にまで回遊します。一方、自らも他の大型魚からねらわれやすく、そのような状況の時には群れの移動が速くなる傾向があります。
群れを形成しているので魚群探知機では反応を捉えやすいのですが、移動が速いので群れが去るまでに仕掛けをタナまで落とす必要があります。特に釣り場の水深が深く、魚群が下層の場合には仕掛けの降下に時間が掛かるので速やかな降下が要求されます。ハリ数が多い仕掛けを使う場合には1尾ずつ釣り上げるのではなく、複数のハリに食わせてから仕掛けを回収した方が数を伸ばす上で有効です。なお、表層付近を回遊している群れを目視確認できる場合には、群れの移動を先読みしてトップウォータールアーをキャストすると速い群れの移動にも対処できます。

GPS魚探を使いこなして絶好釣!

フルノフィールドテスター小野信昭氏が、「GPSプロッタ魚探の画面を判断して」「ポイントを絞り込み」「実際に魚を釣り上げる」── その一部始終を動画に収録しました。GPSプロッタ魚探を使いこなしたい全てのボートアングラーにとって、見逃すことのできない貴重な映像です。
さらには前アタリからスリリングなやり取りまでを撮った動画は、釣り人のアドレナリン分泌を刺激すること間違いなし!

※ この動画はボート倶楽部2014年11月号に付録DVDとして掲載されたものを再編集したものです。

プレゼンテーション

ジャパンインターナショナルボートショーで行ったプレゼンテーションの模様をご紹介します。