HOME 動画ギャラリー

動画ギャラリー

魚が泳ぐ姿を捉えた水中動画やGPS魚探の使い方などをご紹介

水中映像

釣り魚の生態を短い動画でご紹介します。

イサキ vol.2

イサキは群れで行動する魚で、潮に乗って流れてくるプランクトンやそれらを食べに集まる小魚や小動物を潮上側を向いて泳ぐことで捕食します。ここで注目したいのはイサキの群れが海底から1メートルほど離れている点で、このことが魚探に映った魚群反応からイサキを特定するための大切な手掛かりとなります。
この映像は海中にそびえ立つ高根の頂上付近で撮影したもので、水深は約15メートル。高根の周囲は水深35メートルまで落ち込むことから高根は約20メートルの高さでそびえ立つ岩礁ということになります。このような高根が存在すると潮の流れ方に変化が生じ、本来なら速く流れて行ってしまうプランクトン類が滞留しやすくなり、魚たちの格好の寄り場となります。この映像では高根に対して右側から潮が当たることで左上側へ潮が舞い上げられている様子が浮遊物の動きからも読み取ることができます。仕掛けを降ろす際にはエサを潮に乗せて魚の口元へ送り込むようなことを意識すると釣果が上向きます。

魚種ごとの反応「イサキ」の記事を読む

GPS魚探を使いこなして絶好釣!

フルノフィールドテスター小野信昭氏が、「GPSプロッタ魚探の画面を判断して」「ポイントを絞り込み」「実際に魚を釣り上げる」── その一部始終を動画に収録しました。GPSプロッタ魚探を使いこなしたい全てのボートアングラーにとって、見逃すことのできない貴重な映像です。
さらには前アタリからスリリングなやり取りまでを撮った動画は、釣り人のアドレナリン分泌を刺激すること間違いなし!

※ この動画はボート倶楽部2014年11月号に付録DVDとして掲載されたものを再編集したものです。

プレゼンテーション

ジャパンインターナショナルボートショーで行ったプレゼンテーションの模様をご紹介します。