HOME 動画ギャラリー

動画ギャラリー

魚が泳ぐ姿を捉えた水中動画やGPS魚探の使い方などをご紹介

水中映像

釣り魚の生態を短い動画でご紹介します。

オオモンハタ vol.4

この映像は水深 20 メートルほどの海中で撮影した 40 センチ級のオオモンハタです。成長すると体長 50 センチ以上に達することや、水深が比較的浅い沿岸部にも棲息していることから身近で狙うことのできる大物として人気の釣り物となっています。
ボートフィッシングではサバの切り身や冷凍エビなどの生エサ、あるいは活きた小魚を使った泳がせ釣り等で従来から釣られてきましたが、昨今人気が高まっているのがジグヘッド+ソフトルアーを用いるルアーフィッシングです。ボートからルアーを遠投し、リトリーブ(巻き上げ)によって広範囲を探りつつ、海底から中層までの遊泳層を抜けもれなく探ることができるので好釣果を期待できます。岩礁付近のみに分布するアカハタやキジハタに対し、オオモンハタの行動範囲はこの映像からもわかる様に岩礁のみならずその周辺の砂地までと広く、前述したソフトルアーを遠投し、リトリーブする釣法が理に適っていることがわかります。

魚種ごとの反応「オオモンハタ」の記事を読む

GPS魚探を使いこなして絶好釣!

フルノフィールドテスター小野信昭氏が、「GPSプロッタ魚探の画面を判断して」「ポイントを絞り込み」「実際に魚を釣り上げる」── その一部始終を動画に収録しました。GPSプロッタ魚探を使いこなしたい全てのボートアングラーにとって、見逃すことのできない貴重な映像です。
さらには前アタリからスリリングなやり取りまでを撮った動画は、釣り人のアドレナリン分泌を刺激すること間違いなし!

※ この動画はボート倶楽部2014年11月号に付録DVDとして掲載されたものを再編集したものです。

プレゼンテーション

ジャパンインターナショナルボートショーで行ったプレゼンテーションの模様をご紹介します。