HOME 魚種ごとの反応 キンメダイを追う

魚種ごとの反応

キンメダイを追う

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

 GPS魚探映像:キンメダイを追う 当日、このような画面表示の時にキンメダイが続けてヒットしたので、海底から約30メートルの範囲に映し出された反応の中にキンメダイが含まれていると考えられます

スパンカー張って船速0.2ノット程度でボートをゆっくり流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深304.2メートル
  • ボートは水深の深い方へ向かっている
  • 海面から200メートル付近に魚群反応が映っている
  • 海底から約30メートルの範囲に魚群反応が映っている

この魚探画面はキンメダイの実釣時に撮影しました。
キンメダイは水深200~400メートルに分布するいわゆる深場の魚であり、海底が傾斜しているような場所、具体的には崖のような急峻な斜面付近に分布していることが多く、その遊泳層は海底付近のみならず、海底から50メートルほど浮いていることもあります。
海底付近を単独で行動する魚と違い、海底からやや浮いたタナを群れで行動するので、魚探でその反応をキャッチするという点では有利となりますが、そうはいっても水深300メートルにもおよぶ深さに分布する魚なので送受波器の設置も含め、魚探の使いこなしが求められます。

魚探の持つ能力をフルに発揮するには送受波器が直接海中に浸かるように設置する”スルーハル取付方式”または”トランサム取付方式“が適しており、送受波器と海水との間にボートの床板(船底)が存在することになる”インナーハル取付方式”では超音波を減衰させることになるので不利となります。

魚探本体の設定で大切なのは深場に棲息するキンメダイからの微弱な反射波から算出されたキンメダイの分布情報をいかに認識しやすく画面に表示するかということであり、超音波の周波数については伝播における減衰が少ない低周波(50キロヘルツ)が有利となります。また、画面表示からキンメダイの存在を認識しやすくするためにカギを握っているといっても過言ではないのがゲイン調整です。
たとえ自動(AUTO)モードを備えているモデルであっても、手動モードを使ってシビアにゲインを調整した方が深い場所に棲息するキンメダイの群れをキャッチするうえでは経験上有利に感じています。
ゲインを上げていくと宙層に存在するプランクトンや浮遊物、あるいはノイズが画面上に顕在化する場合が多々あります。特に水温が高い時期に発生することが多いので要注意です。

この画面撮影時は低周波(画面左)側はゲインを+92、高周波(画面右)側はゲインをMax(100)にしています。
この魚探画面では時間の経過とともに水深が深くなる方向へボートが流れ、画面上の海底ラインが右肩下がりとなっています。

前述したようにキンメダイは崖のような急峻な斜面付近に分布していることが多いので、実釣時は水深が深い方から浅い方へ向けてボートを流した方が崖付近をトレースできることになるのでキンメダイのヒット率が高くなります。
そのためには画面にGPSチャートも表示し、等深線にて水深が浅くなる方向へボートを流すことで崖付近を継続的に攻めることが可能となります。
なお、傾斜地では水深表示に誤差が大きくなるので、根掛かりに注意しながら流すことになります。

  • 釣果写真:キンメダイを追う キンメダイは群れで行動するので最初のアタリが届いてもすぐに回収するのではなく、多点掛けを狙った方が効率よく数を伸ばすことができます
  • 釣果写真:キンメダイを追う 煮てよし、刺し身でよし・・・とどんな食べ方でも美味しいのがキンメダイ。この美味しさに出あえた時、実釣時の苦労が報われます

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F