HOME 魚種ごとの反応 メバルを追う vol.8

魚種ごとの反応

メバルを追う vol.8

このGPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

メバルを追う vol.8 GPS魚探映像 海底ラインの細かな凸凹はボートの揺れが原因で表示されることがあるので注意が必要です。判断が難しい時にはその部分の尾引きを確認するのも有効な一手となります。

スパンカーによるエンジン流しにて時速0.3ノットのスピードで流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、画面左側からGPSプロッタ画面、魚探画面の低周波(50キロヘルツ)、高周波(200キロヘルツ)となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深14.7メートル
  • 海底から約1メートルの範囲に魚の反応がある
  • 海底ラインに細かな凸凹がある

画面に映し出された海底ラインには細かな凸凹がありますが、その部分の尾引きに注目すると海底ラインよりも明確に凸凹が表示されており、それらが周期的に変化していることが判ります。
これは海底の凸凹が表現されたものではなく、ボートの周期的な揺れが原因であたかも海底に凸凹が存在するかのような表示となったものです。
このポイントではメバルとカサゴが釣れましたが、魚探の海底ラインを見るかぎり、大きな凸凹は存在しないのですが、降ろした仕掛けのオモリで海底をトントン叩いてみると、根が点在していることが判り、時折仕掛けが根掛かりするので海藻類も多く群生していることも解りました。

海底から約1メートルの範囲に点々と表示されている反応がメバルで、一見、単体魚のような反応表示となっていますが、実際には数十尾の数が存在すると思われます。
日中にスキューバダイビングでメバルを観察すると、底潮が緩い時には海底から1メートルくらいの範囲内に浮いていることが多くあり、この魚探画面撮影の時もおそらくそのような状況だと思われます。
水中画像にあるようにメバルは10~30尾ほどで群れていることが多く、その群れの形は横方向に広がることもあれば、この画像のように縦長になることもあります。
泳ぎ回ってエサを捕食するというよりも、緩やかな潮流に乗ってエサが流れてくるのをジッと待つ傾向にあるので、ボートが流れることで群れの上を通過して行っても、GPSチャート上の航跡を見ながら、再度同じコースを流すことができれば、先程と同じ場所にて群れを発見しやすい魚であり、釣りやすい魚と言えます。

しかしながら、その一方で、釣果を上げるのが難しくなる局面もあるのがメバル釣りです。
一般的には多くの魚が潮が動いている時に活性が高くなる傾向がありますが、メバルは潮が速すぎると岩陰や海藻類の中に身を隠してエサを追わなくなるので、潮が少し緩くなってから狙った方がいいでしょう。

  • メバルを追う vol.8 釣果写真 メバルの群れは大きくないので、1回の投入で多点掛けを狙った方が、効率よく釣果を伸ばせます
  • メバルを追う vol.8 水中画像 メバルの群れは横方向に広がるケースとと縦方向に広がるケースがあり、後者のケースでは魚探で反応を捉えにくく、見落としがちになります

夜間はベイトフィッシュや動物性プランクトンを求めて表層付近にまで浮上することもあるアカメバル、クロメバル、シロメバルですが、日中はこの映像にもあるように海底からせいぜい5メートルの範囲までが主な浮泳層となります。
メバルは単独で行動するもの(参照水中動画メバルvol.1)もあれば、この映像のように5~6尾の群れで行動するもの、あるいは100尾以上の群れで行動するもの(参照水中動画メバルvol.2)など、群れを形成する個体数はまちまちです。
海底から数メートルほど浮いていることが多く、泳ぎ回るのではなくジッとしていることが多いメバルは魚探で捉えやすい魚の代表格ではありますが、群れを形成する個体数が少ない場合には魚探で捉えにくくなるとともにボートはあっという間に群れの上を通り過ぎてしまうことになります。メバルのポイント探しで使用する魚探が発信する超音波の周波数は分解能力に優れ、指向角が狭い高周波(200kHz)を使うとともに、いつでも停船できるような時速3ノット以下の船速で探索することをオススメします。

著者紹介

友恵丸・友恵丸II 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター / DAIWAフィールドテスター / 月刊ボート倶楽部ライター

北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F