HOME 魚種ごとの反応 メバル(春告魚)を追う vol.4

魚種ごとの反応

メバル(春告魚)を追う vol.4

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

メバル(春告魚)を追う vol.4 GPS魚探映像 魚の習性(生息場所の海底底質、泳層)を知ることがはじめの一歩となる

ボートはスパンカーを使って舳先を風上に向け、風力とエンジン推進力のバランスをとりながらゆっくりボートを流して撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探画面左側が周波数の50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深16.6メートル
  • 海底底質はRCKS(岩)
  • 海底ラインは概ねフラット(平坦)
  • 海底から約2メートルの範囲までに魚の反応
  • アキュフィッシュ機能による魚体長表示が「16」

この場所で釣った魚はメバルです。メバルは水深5メートルから40メートルの範囲の岩礁帯に棲息しています。ボートを流しながら釣る場合、険しい岩礁帯では根掛かりが発生しやすく注意が必要ですが、凸凹の少ない岩礁帯、いわゆる平根を探すことができれば流しながらでもメバルが狙いやすくなります。

GPSプロッタ画面のチャートを見ると、画面中心の自船位置付近には「五郎兵衛瀬」という名の浅瀬が在ります。付近には等深線が少ないことからも水深変化が少ない場所だということが読み取れ、海底底質判別機能でもRCKS(岩)と表示しているのでメバルが棲息している可能性大です。

実際にボートを流しながら付近を攻めましたが、魚探画面にあるように海底から約2メートルの範囲に魚の反応が出ている時に、メバルがバタバタ釣れ上がりました。つまり魚探が捉えている魚はメバルだと推測できます。

水中画像にありますようにメバル群れを形成していますが、回遊魚ではないので広範囲を泳ぎ回るようなことはありません。岩礁や障害物周りにジッとしていることが多いので、ボートが例えポイントから外れてしまっても、GPSプロッタ魚探があれば再び同じメバルの反応を見つけることができ、再度、同じポイントに入りなおすことが容易です。

ターゲットに大きく近づくためには、GPSプロッタから得られる情報と魚探から得られる情報を上手くミックスすることが大切です。

  • メバル(春告魚)を追う vol.4 釣果写真 浅場のメバルはアカメバル、クロメバル、シロメバルの3種に分類されたが、判別はむずかしい
  • メバル(春告魚)を追う vol.4 水中画像 メバルは海藻が生えた岩礁帯を好んで棲息し、泳層は海底から5メートルの範囲

夜間はベイトフィッシュや動物性プランクトンを求めて表層付近にまで浮上することもあるアカメバル、クロメバル、シロメバルですが、日中はこの映像にもあるように海底からせいぜい5メートルの範囲までが主な浮泳層となります。
メバルは単独で行動するもの(参照水中動画メバルvol.1)もあれば、この映像のように5~6尾の群れで行動するもの、あるいは100尾以上の群れで行動するもの(参照水中動画メバルvol.2)など、群れを形成する個体数はまちまちです。
海底から数メートルほど浮いていることが多く、泳ぎ回るのではなくジッとしていることが多いメバルは魚探で捉えやすい魚の代表格ではありますが、群れを形成する個体数が少ない場合には魚探で捉えにくくなるとともにボートはあっという間に群れの上を通り過ぎてしまうことになります。メバルのポイント探しで使用する魚探が発信する超音波の周波数は分解能力に優れ、指向角が狭い高周波(200kHz)を使うとともに、いつでも停船できるような時速3ノット以下の船速で探索することをオススメします。

著者紹介

友恵丸・友恵丸II 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター / DAIWAフィールドテスター / 月刊ボート倶楽部ライター

北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F