HOME 魚種ごとの反応 メバル(春告魚)を追う vol.2

魚種ごとの反応

メバル(春告魚)を追う vol.2

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

メバル(春告魚)を追う vol.2 GPS魚探映像 アカ・シロ・クロの3種のメバルは水深が浅い場所を好んで生息する。

ボートは約2ノット(人間が歩くほど)のスピードで進めながら撮影したもので、画面左側が周波数の50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深15.4メートル
  • 海底ラインが凸凹していて、その高低差は1メートル程度
  • 海底から約2メートルの範囲までに魚の反応が映っている
  • 魚の体長が赤字で「22」とか「21」と表示されている

実はこの釣り場で釣れた魚はメバルです。(正式には浅場に棲むメバルは2008年にアカメバル、クロメバル、シロメバルの3種に分類されました。)

水中画像にもありますようにメバルは岩礁帯周りの海藻が生えているような場所を好んで生息しています。泳層は主に海底付近で、エサを追って浮上してもせいぜい海底から2メートルの範囲までです。

非常に視力の良い魚で、魚探に反応が映っていても海中の潮が澄み、透明度が高いような時には、アングラーが垂らす仕掛けを警戒してエサに食い付こうとしません。逆に潮が濁っているような状況では警戒心が和らぐのか?活発にエサを追うことが良くあります。 「春告魚」ともいわれるメバルは丁度今がベストシーズンです。

  • メバル(春告魚)を追う vol.2 釣果写真 メバルは泳ぎ回る魚ではなくジッとしている魚なので比較的、魚探に映りやすい。
  • メバル(春告魚)を追う vol.2 水中画像 良型メバルは刺身や煮付、塩焼きに。小型は唐揚げにするといい。

浮遊する小さな魚を捕食中のメバルです。メバルは水深の浅い海藻類が多い岩礁帯やストラクチャー(障害物)周りに多く棲息し、群れで行動することが多い魚ですが、時にはこの映像のように単独で行動している姿も見かけます。
前述したような棲息場所は魚群探知機に映る海底ラインの変化からある程度の場所の特定が可能です。但し、その場所に実際にメバルが分布しているかどうかは単体魚の反応の存在を注意深く探す必要があります。その際、魚探の周波数は高周波(200キロヘルツ)側を使うことをオススメします。高周波を使うのは分解能力が高く、指向角が狭くなるのでボート直下の近い範囲の情報を正確に取得することができるためです。海底ラインから上へ約1メートルの範囲に単体魚の反応が見つかったらそれがメバルである可能性が高いので、仕掛けを降ろしてみましょう。

水中映像一覧

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F