HOME 魚種ごとの反応 マアジを追う vol.8

魚種ごとの反応

マアジを追う vol.8

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マアジを追う vol.8 魚探映像 水深、海底起伏、底質、魚群反応の有無とタナ・・・画面から得られる情報を元に水中の様子を推測しながら釣ると一層楽しくなります

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深38.6メートル
  • 海底底質はMUD(泥)やRCKS(岩)である確率が高い
  • 海底から約7メートルの範囲までに魚群反応がある

ボートはアンカーリングして一箇所に留まりながら画面を撮影(キャプチャー)したものです。魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が周波数50キロヘルツ、右側が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

アンカーリングしていますが船速は0.2ノットと表示されています。
アンカーロープを長く伸ばした状態では風向の変化によってボートが振れ回り、その移動時に船速が計測された結果となります。
その振れ回る範囲においては海底は概ねフラット(平坦)となっていますが、底質判別機能ではMUD(泥)とRCKS(岩)の確率が相対的に変化しています。
これは振れ回る範囲内で魚探が捉える泥や岩の量(面積)が変化することにも起因しています。

前述した内容を整理するとこの場所は海底がフラットな泥質で、平根(平らな岩)が点在していることが推測できます。
海底から上側へ約7メートルの範囲に映っている魚群反応の正体はマアジです。
その反応表示に注目すると低周波(画面左)側では魚群反応が連なっていますが、高周波(画面右)側では魚群反応が途切れています。
このことからマアジは留まっておらず、回遊していることが推測できます。
低周波側では指向角が広いので回遊するマアジを捉えやすく、高周波側に比べると魚群反応が連なって表示されやすくなります。

この魚探画面を見るかぎり付近には高根が存在しないのでプランクトンが滞留しずらく、マアジが留まりにくい条件の場所であることが推測できます。
このような場所で釣果を上げるにはコマセ(寄せエサ)を使って回遊するマアジをボート直下に足止めさせることが大切です。
但し、コマセの使用はマアジ以外の魚までボート直下に寄せてしまう可能性があるので注意が必要です。
コマセを撒くコツとしては海底付近に棲息するマアジ以外の魚を寄せないためにも、やや高いタナにてコマセを撒くことが鉄則です。
コマセを撒いたタナでマアジが食って来なかったら少しずつコマセを撒くタナを下げていくようにします。

ひと度、マアジが食ってきたら、以降はコマセを撒くタナを少しずつ上へと変えていきます。
コマセを撒くタナはヒットしたタナよりも決して下げないことが重要です。
そうすることで、マアジをどんどん浮かせることができ、他の魚と引き離すことができるので効率よく本命マアジのみを釣ることができるようになります。

この正確なコマセワークを実現するためには常に魚探画面を確認し、魚群のタナとコマセのタナを意識することが大切です。

  • マアジを追う vol.8 釣果写真 12センチ前後の小型のマアジですが、アキュフィッシュ機能で表示された魚体長の数値とほぼ一致すると感激します
  • マアジを追う vol.8 水中画像 マアジは必ず群れで行動します。海底地形に変化が少ない平坦な海域ほどエサを探して広範囲を回遊する傾向にあります

岩礁帯付近に群れるマアジの映像です。マアジは潮通しがいい高根周りを群れで行動するので魚群探知機にて捉えやすい魚の一つです。回遊する都合上、高根にまとわり付くというよりも根から2~3メートル浮いた位置に魚群反応が出るのが特徴です。
魚群探知機にて反応を捉えやすいマアジですが、例え反応を捉えていてもなかなか釣れない場合があります。それはこの映像のように潮が流れずに止まっている状況の時に発生します。映像をよく見て頂くと海中の浮遊物が潮で一方向へ流されるのではなく、漂っているだけの状況であることがお分かり頂けると思います。本来、潮が流れている状況ならマアジは潮に逆らうように群れで同じ方向を向いて泳ぎますが、この映像のように潮が止まっている時は泳ぐ向きがバラバラでエサを追いません。つまり、魚群探知機にてマアジの反応を捉えていても釣れない状況となってしまいます。

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F