HOME 魚種ごとの反応 マアジを追う vol.3

魚種ごとの反応

マアジを追う vol.3

GPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マアジを追う vol.3 GPS魚探映像 根の頂上部を挟んで両側に魚群が映った場合は潮が止まっている可能性があります

ボートは1.22ノット(時速2キロ位)で進めながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深24.3メートル
  • 海底底質はRCKS(岩)
  • 根の頂上部分の水深は20メートル
  • いくつかの魚群が映り、単体魚のサイズは10~32センチとなっている

この釣り場で釣れた魚はマアジです。

魚探画面には頂上部分の水深が20メートルで、高さが4メートルほどの根が映し出されています。
魚探は画面の右側端部に縦1列で最新情報が表示され、画面は常に右から左へスクロールしていくので、右側端部以外の部分は過去の情報となり、画面の左側へ行くほど古い情報となることは何度か紹介して来ました。
つまりこの画像からはボートが根の上を通過したことや、その過程で2つの魚群の上を通過したこともわかります。

一つ目の魚群は画面左側に映っているものですが、アキュフィッシュ機能による単体魚の表示が出ていないので10センチ未満の小魚の魚群反応だと推測できます。
根の頂上部を通過した後に映し出された(画面右側の)魚群はアキュフィッシュ機能により単体魚の表示が10~32センチと表現されています。この単体魚こそが釣れ上がったマアジの反応と思われます。
画面ではだらりとした緩やかな根として表現されていますが、これはボートの船速が遅いことに起因し、この根の上を速く通過すればもっと尖がった形状の根として表現されます。

この釣り場のように根が存在すると潮流により運ばれてきたプランクトンや小生物が溜まりやすくなるのでそれらを求めて多くの魚が集まります。その魚は大抵、根の潮上側にてエサを待ちますが、この画像のように根の頂上を挟んだ両側に魚群反応が映し出される場合は潮の流速が遅いケースが多く、このような状況の時には魚の活性が低い傾向があります。

魚探画面に魚群反応が映っているのにぜんぜん釣れない…そんな経験をお持ちの方も多いと思いますが、その原因の一つが潮が流れず、止まっている状況があります。
ボートフィッシングでは身近でポピュラーなターゲットのマアジですが、潮次第では全く口を使ってくれない難しさもあり、このあたりもビギナーからベテランまで虜にする魅力ある魚なのかもしれません。

  • マアジを追う vol.3 釣果写真 根の周辺にはアジ以外にも多くの魚がエサを求めて集まります
  • マアジを追う vol.3 水中画像 味がおいしい魚なのでアジと名付けられたという説もあります

岩礁帯付近に群れるマアジの映像です。マアジは潮通しがいい高根周りを群れで行動するので魚群探知機にて捉えやすい魚の一つです。回遊する都合上、高根にまとわり付くというよりも根から2~3メートル浮いた位置に魚群反応が出るのが特徴です。
魚群探知機にて反応を捉えやすいマアジですが、例え反応を捉えていてもなかなか釣れない場合があります。それはこの映像のように潮が流れずに止まっている状況の時に発生します。映像をよく見て頂くと海中の浮遊物が潮で一方向へ流されるのではなく、漂っているだけの状況であることがお分かり頂けると思います。本来、潮が流れている状況ならマアジは潮に逆らうように群れで同じ方向を向いて泳ぎますが、この映像のように潮が止まっている時は泳ぐ向きがバラバラでエサを追いません。つまり、魚群探知機にてマアジの反応を捉えていても釣れない状況となってしまいます。

水中映像一覧

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F