HOME 魚種ごとの反応 マゴチを追う vol.5

魚種ごとの反応

マゴチを追う vol.5

GPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マゴチを追う vol.5 GPS魚探映像 水深や海底底質、海底形状に加え、船速情報もマゴチ狙いにおいては大変重要な情報となります

ボートは船速2ノットほどで進めながら画面撮影(キャプチャー)したもので、画面左側からGPSプロッタ画面、魚探画面の低周波(50キロヘルツ)、高周波(200キロヘルツ)、そして右端がAスコープとなっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深11.4メートル
  • 海底底質はSAND(砂)である
  • 海底にはわずかな窪みが在り、近くに魚群反応が在る

マゴチは水深40メートル以浅の砂地や砂泥地の海底付近に棲息し、エビやカニなどの甲殻類やハゼやメゴチなどの小魚類を捕食している魚です。
スキューバダイビングにてマゴチの棲息状況を確認すると、青物やマダイのようにベイト(捕食対象)を追い回すのではなく、ベイトの近くに身を隠し、襲い掛かるチャンスが到来するのを待つという行動パターンが見て取れました。
魚体の形やヒレの大きさからもあまり泳ぎが得意でないことも伺い知れます。
つまり、あまり早く泳ぐ魚は捕食の対象とはならないことになります。

マゴチ釣りにおけるポイント探しはたとえ魚群探知機を使ってもマゴチ自体が海底にへばり付いているのでその存在を捉えることが難しく、また、ベイトを探すにしても海底付近の甲殻類や小魚類は捉えにくいのが実状です。
そこで、魚探から得られる水深や海底底質、海底形状の情報から棲息していそうなポイントを推測し、付近一帯を探ることになります。

マゴチを追う vol.5 マゴチ釣りにおける船速は0.2ノット以下に抑える必要があります

群れを作って行動するのではなく、単独で行動しているマゴチですが、ベイトが多く集まる付近にはマゴチも集まる傾向にあるので、1尾釣れれば付近には必ず他の個体も居ると思って間違いありません。
但し、1尾目に出会うまではある程度広範囲を探る必要がありますが、その際に留意しなければならないのは、実釣中におけるボートの移動速度で、移動があまり速過ぎるとマゴチがエサに追い付くことができず、捕食できないことになります。

ボートで広範囲を探るにはドテラ流しやスパンカー流し、エンジン流し等さまざまなコントロール方法がありますが、いずれの方法で流すにしても船速は0.2ノット以下とする必要があります。
魚探画面に映し出される水深や海底底質、海底形状に加え、船速情報を気にしながら、狙うべき魚の一つです。

  • マゴチを追う vol.5 釣果写真 今(初夏)が旬のマゴチ、活かしたまま持ち帰っての”あらい”や、皮の湯引きなど釣り人の特権を活かした美味しい料理法がたくさんあります
  • マゴチを追う vol.5 水中画像 泳ぎがあまり得意ではないマゴチは砂泥地の海底に身を隠し、ベイトが近づいてくるのを待っています

マゴチは波打ち際から水深30メートル付近の砂地または砂泥地に棲息し、大型のものでは70センチにも達する魚です。小魚や甲殻類を好んで捕食し、春から初夏にかけてが産卵期であり、積極的にエサを追い求める時期でもあります。
平べったく扁平した頭と、海底と似たような体色から相手に気づかれないよう近づき、襲い掛かります。扁平した頭ですが口は大きく開くので、思いのほか大きな魚にも果敢にアタックしますが、呑み込むのに時間が掛かることが多く、アワセのタイミングが難しくもあり、マゴチ釣りの面白い部分でもあります。遊泳層が海底スレスレなのでマゴチそのものを魚探で見つけるのは困難ですが、水深、海底底質、エサとなる小魚の魚影からマゴチの棲息場所を見つけ出すことになります。好物のハゼやメゴチが釣れる場所なら、マゴチが近くにいると思って間違いないでしょう。

水中映像一覧

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F