HOME 魚種ごとの反応 マゴチを追う vol.6

魚種ごとの反応

マゴチを追う vol.6

このGPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マゴチを追う vol.6 GPS魚探映像 高周波画面内側の海底ラインにはわずかな凸凹が確認でき、小魚や甲殻類が棲息していることが推測できる

スパンカーを張って船速0.3ノット程度でボートをゆっくり流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深13.1メートル
  • 海底は概ねフラット(平坦)
  • ボートは水深の浅い方へ向かっている
  • 海底から5メートルの範囲に魚の反応が映っている

このGPS魚探画像はマゴチの実績ポイント付近で撮影したものです。
マゴチは砂や泥地の海底に這った状態で分布し、小魚や甲殻類を捕食しますが、自ら獲物を追い回すというより、海底に這って身を隠し、エサとなる生物が近づいてきたら襲い掛かって摂食します。
ボートに設置した送受波器(振動子)から直下の海底へ向けて発信する超音波ですが、海底に達することで生じる反射波とマゴチによって生じる反射波の2通りが送受波器に戻っていくことになります。

海底に這っているマゴチによって生じる反射波は海底による反射波とほぼ同時に送受波器へ戻っていくので魚探では両者を分離することができないために魚探にてマゴチを捉えるのは困難となります。
そんなマゴチの釣り場を探すには水深1~30メートル、海底底質が砂や泥という条件の場所で、さらにマゴチのエサとなるハゼ、メゴチ、シロギス、小型の甲殻類が棲息しているところとなります。

泳がせ釣りにてマゴチを狙うなら、エサとして使用する小魚類を釣る行為そのものがマゴチポイントの探索を兼ねることになるので好都合ですが、ルアーをキャストしてマゴチを狙うような場合には、エサの存在を確認ができないので、前述した水深と海底底質に注意しながら、ボートを流しつつルアーをキャストして広範囲を探ることになります。
その際の注意点としては、海底に対するルアーの動く速さで、ボートの船速を考慮しつつ、ルアーにアクションを与え、動きが速くなり過ぎないようステイさせる時間を与える必要があります。海底に対する動きの具体的な速さとしては時速0.5ノットくらい。わかりやすく換算すると1秒間に30センチ以内のスピードに留めるべきです。
そのためにはGPS画面に表示される船速をチェックしながら、ルアーに与えるアクションのスピードを考える必要があります。

また今回の画像のようにGPSチャートに描かれた等深線に対してボートの進行方向が直交する場合には水深の変化が大きくなるので、こまめに底ダチを取り直し、海底付近を正確に狙い続ける必要があります。

  • マゴチを追う vol.6 釣果写真 このマゴチは50センチ級のものだが、大きなものでは70センチにも達し、そのクラスの引きは強烈だ
  • マゴチを追う vol.6 水中画像 砂地の海底に這った状態でエサとなる小魚や甲殻類が近づいてくるのをじっと待っているマゴチ。魚体の色や模様が砂地そっくりだ

マゴチを狙う場合、生きた車エビをエサにする釣法が古くから盛んに行われてきました。その他にもハゼやメゴチといった生きた小魚をエサとする泳がせ釣りや、ルアー(疑似エサ)を使った釣法も近年盛んに行われるようになってきました。車エビをエサとする伝統釣法の場合、仕掛けは主にボート直下へ垂らすことになるので、ボートを適度に移動させながらマゴチの居場所を探っていくことになります。
この水中映像にもあるように海中にはマゴチ以外にも車エビを好んで食べる魚としてフグ類が存在し、マゴチよりも高いタナまで浮上してエサを探し回っています。つまり、マゴチにとってフグ類は強力なライバルなのです。本来、マゴチは前アタリが届いてから本アタリが届くまで数秒~数十秒間掛かるといわれていますが、この映像の前半部分のようにライバルであるフグ類が近くに存在する場合には前アタリの直後に本アタリが届く傾向にあります。

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F