HOME 魚種ごとの反応 カワハギを追う vol.2

魚種ごとの反応

カワハギを追う vol.2

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カワハギを追う vol.2 GPS魚探映像 左右の画面のそれぞれ左側の方に単体魚が海底から50センチメートルほど浮上した様子を捉えている。アキュフィッシュ機能をOFFにしていたので、魚体長の情報が掴めず魚種を推測するのが一層難しい状況だった

ボートは約2ノット(人間が歩くほど)のスピードで進めながら撮影したもので、画面左側が周波数の50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深21メートル
  • 海底ラインに細かな凸凹がある
  • 海底ラインが右上がりになっている
  • 左右どちらの画面にも、左側の方に海底から浮き上がったような反応が映っている

このポイントにて釣った魚はカワハギです。カワハギは水温が高い夏場には水深が浅いところから深いところまで生息していますが、水温が下がる冬場になると居心地の良い水温を求めて生息する水深を変えていくので、実釣時にどの水深付近に分布しているかを把握することが釣果へのキーポイントとなります。

魚探画面に映し出された海底ラインの細かな凸凹は岩礁地帯と推測でき、右上がりとなっているのは海底が斜面で、ボートを水深が深い方から浅い方へ移動していることになります。

海底が斜面ではなく水平な場所にもカワハギは生息しますが、この時はなかなか居場所が掴めず、どの水深付近に生息しているかを探るため斜面を軸として生息場所を探ってみました。

水深が急峻に変化する斜面のような場所では潮流に変化が生じるため、プランクトンが溜まりやすく、食物連鎖により様々な生物が集まります。

水中画像は斜面の下側にてカメラを上側へ向け撮影したもので、画面内には右側にカワハギ、左側にコロダイが映っています。

カワハギは群れで泳ぐ魚ではなく、個々が縄張り意識の強い魚なので単独で行動しているケースがほとんどです。つまり魚探にも群れとして映るのではなく、単体魚として映ります。とはいえ、最大級のカワハギでもサイズはせいぜい35センチメートル。従来のアナログ魚探では海底付近を泳ぐこのサイズの単体魚を捉えるのが困難でした。ところが、嬉しいことに昨今のデジタル魚探では海底付近を泳ぐ単体魚を捉える能力が大幅に向上しました。

魚探画像の左右どちらの画面にも、左側の方に海底から浮き上がったような反応が映っています。これこそが単体魚の反応なのです。海底から50センチメートルほど浮き上がった瞬間を的確に捉えています。但し、この画面情報からだけでは単体魚の正体がカワハギなのかコロダイなのかは不明です。サイズがわかるアキュフィッシュ機能をONにしておけば、そこに表れた魚体長の寸法より、カワハギなのか、それとも別のもっと大きなサイズの魚なのかを知る手がかりになったことでしょう。

  • カワハギを追う vol.2 釣果写真 ゲーム性の高さから大人気のカワハギ釣り。食味の点でも万人から好まれる人気が高い魚です
  • カワハギを追う vol.2 水中画像 スキューバダイビングにて海底が傾斜する場所にて下側から上側へ向け撮影した画像

砂泥地でエサを探しながら泳いでいるカワハギの映像です。10月頃は水深10~15メートルの範囲の砂泥地にカワハギが広く分布しており、水温が下がっていくこれからの季節に備えて一生懸命捕食活動を行なっています。
カワハギが探し求めているものは砂や泥の中に居るゴカイ、貝類、甲殻類などの小動物で、それらを探し出す際には口に含んだ海水を勢いよく吹き出し、砂や泥をまき上げて見つけるという方法です。よく見ると自分が噴き出した海水によって身体が後退しないように背ビレや尻ビレを動かし、まき上がった砂や泥を除去するために胸ビレを動かしているようで、大変興味深い動きですね。

水中映像一覧

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F