HOME 魚種ごとの反応 アカハタを追う vol.4

魚種ごとの反応

アカハタを追う vol.4

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

 GPS魚探映像:アカハタを追う vol.4 アカハタは遊泳層が低く、凸凹の多い場所を好むので魚探でその姿をキャッチするのは難しいのが実状です

この魚探画面は、スパンカーを使ったエンジン流しにて実釣している最中に撮影(画面キャプチャー)したものです。魚探から発信する超音波の周波数は50キロヘルツと200キロヘルツで、それぞれ画面の左側と右側に示してあります

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深15.6メートル
  • 海底底質は岩である
  • 高低差2メートル弱の凸凹が連なっている
  • 海底から10メートルの範囲に単体魚と魚群が存在している

この画面撮影時はSLJ(スーパーライトジギング)でアカハタやカサゴをはじめとした根魚類を狙っている最中でした。
なぜこの釣り場を選んだかというと、付近一帯の海底が岩礁で細かな凸凹が連なっているような地形だったためです。
水深20メートル前後の海にスキューバダイビングで潜ってみると、細かな凸凹が多い岩礁地帯にはアカハタが多く分布していることを確認できます。
同じような場所にはカサゴも多いのですが、アカハタはカサゴとは比べものにならないほど警戒心が強く、すぐに岩の隙間に入り込んでしまいます。カサゴはその容姿から岩礁に擬態できるのに対し、アカハタは容姿といい、体色といい、岩礁地帯では目立ってしまうこととも警戒心が強いことと関係しているのかもしれません。

アカハタは海底からせいぜい1メートルの範囲内を泳ぐのですが、凸凹の多い場所を好んでいるので魚探でアカハタ自体をキャッチするのは難しいのが実状であり、魚探ではもっぱらアカハタが生息していそうな海底地形を探索することになります。

SLJでは主にメタルジグを使用することになりますが、降下時にサミングしながらゆっくり着底させると、ジグをアピールできるだけではなく、ジグが岩の隙間などに入り込むことをある程度防ぐことができ、根掛かりの発生を抑えることができます。
とはいえ、凸凹が連なるような海底地形ではジグのリア側フックを外した方が無難です。
むろんバイトした魚のフッキング率が下がることにも繋がりますが、根掛かりによるジグのロストや交換に伴う時間のロスを考えると、あらかじめリヤ側フックを外すことをオススメします。

根掛かり防止には船速も大切な指標となります。この画面撮影時には時速0.7ノットでボートが流れていましたが、これ以上速くなると根掛かりが発生しやすくなるばかりでなく、根魚類はエサに追い付けなくなるので、できることなら船速0.5ノット以下にコントロールする方がいいでしょう。

  • 釣果写真:アカハタを追う vol.4 魚探画面をチェックしながら根掛かりに注意しつつ、SLJにて仕留めた良型アカハタです
  • 水中写真:アカハタを追う vol.4 警戒心が強いアカハタはすぐに岩の隙間に身を隠してしまいます

アカハタは水深5メートル~水深80メートル前後の岩礁やゴロタ石、捨て石周りに好んで棲息し、主に小魚や甲殻類を捕食します。この映像は砂地の傾斜面に人工的に沈めた捨て石付近で撮影したもので、アカハタが棲み付いている様子が写っています。
魚群探知機ではこのように敷き詰められた捨て石であっても一般的な岩礁と同様に画面表示されることが多いので判別は困難ですが、そのどちらであってもアカハタが好んで捕食する甲殻類などが棲息する場所となるのでポイント選定にあたっては特に問題とはなりません。このようなポイントを攻める場合、根掛かりに注意する必要があるのはいうまでもありません。自然のゴロタ石なら角が取れて丸みを帯びていますが、人工的に敷き詰められた捨て石の多くは設置場所が変わらないように映像のように角張ったものが多く、ラインが擦れると切れやすいのでヒット後はすぐに海底から引き離すことが求められます。

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F