HOME 魚種ごとの反応 カサゴを追う vol.5

魚種ごとの反応

カサゴを追う vol.5

このGPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カサゴを追う vol.5 GPS魚探映像 カサゴのポイント探しは魚探で岩礁地帯を見つければ済みますが、実釣途中においても底質と起伏状況をチェックすることは釣果を伸ばす上でも大切な確認項目となります

ボートは船速4ノット程度でゆっくり進めながら画面撮影(キャプチャ)したもので、送受波器から発信する周波数は画面左側が50キロヘルツ、右側が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深22.6メートル
  • 海底ラインに周期的な凸凹が存在している
  • 尾引きの長さに違いがある

この釣り場ではSLJ(スーパーライトジギング)でカサゴを釣りました。
カサゴはエビやカニなどの甲殻類や小魚が集まる場所付近に棲息します。容姿は岩礁にそっくりなので、その存在を気づかずに接近してきたものに襲い掛かって捕食します。
広範囲を泳ぎ回るようなことはなく、岩礁帯周りに居ついている魚なのでそのポイント探しは魚群探知機で岩礁帯を見つけることになります。

底質判別機能を有する魚探ならカサゴが好んで棲息する岩礁が一目瞭然となりますが、底質判別機能を有さない魚探の場合には海底ラインから下側へ伸びる尾引きの長さに注目して自らが底質判別する必要があります。
尾引きの長さの違いは海底に当たって反射し、送受波器に戻ってくるエコー(反射波)の強度を意味し、尾引きが大きな部分は硬い底質の証であり岩礁だと推測でき、逆に尾引きが小さな部分は柔らかな底質の証であり砂や泥だと推測できます。 この魚探画像では200キロヘルツの表示画面で尾引きの長さが異なることがわかり、岩礁から砂泥地へボートを進めていったことがわかります。

前述したようにカサゴは岩礁周りに棲息するので、この魚探画像のようにボート直下が砂泥地に変わってしまっている場合にはボートは既にカサゴのポイントから外れてしまっている可能性が高くなります。
狙いどおりの魚が釣れ盛っている時は問題ありませんが、アタリが遠のいたり、別の魚がヒットするようになった場合にはボートがポイントから外れてしまっている可能性があり、そのことを確認するためにも実釣時の魚探のチェックは欠かせません。

底質判別と併せて海底起伏や水深変化をチェックし続けることは岩礁周りに棲息するカサゴ等の根魚狙いの時に根掛かりを低減するうえでも有効な行為なので魚探はポイント探しのみならず、常に海中状況の確認に役立てると釣果も伸ばせ、釣りが一層楽しくなります。

  • カサゴを追う vol.5 釣果写真 ゴツゴツした岩のような風貌のカサゴですが、刺し身でも、煮付けでも、唐揚げでも大変美味しい人気の魚です
  • カサゴを追う vol.5 水中画像 岩に成りすまして小魚が近づいてくるのをじっと待っているカサゴ。小魚以外にもエビやカニなどの甲殻類も捕食する

岩礁帯に棲息するカサゴの映像です。海底付近にジッとしていることが多いので魚群探知機では捉えにくい魚の一つですが、岩礁やゴロタ石、ストラクチャー周りに棲息するので魚探で海底地形をチェックすることで棲息場所は比較的容易に見つかります。
容姿そのものが岩のようなカサゴは自身の存在に気づかれないように岩礁やゴロタ石、ストラクチャー周りにジッと身を隠し、エサとなる小動物が近づいて来たら襲い掛かって捕食します。この映像ではカサゴ以外に潮流による浮遊物の流れ方についても注目して欲しいのですが、映像前半が潮の流れが止まっている状況でカサゴは岩礁の上でジッとしており前述したようにエサが来るのを待っている状況です。一方、映像の後半は潮が流れている状況で活性の上がったカサゴはエサを求めて潮上方向へも泳いでいく活動的な一面を見せています。

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F