HOME 魚種ごとの反応 カサゴを追う vol.4

魚種ごとの反応

カサゴを追う vol.4

このGPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カサゴを追う vol.4 GPS魚探映像 カサゴが棲息するポイントはGPSと魚探の両方から得られる情報を元に探すことになるが、これらの情報は実釣中の根掛かり抑制にも役立てたい

ボートは船速2ノット程度で走らせながら画面撮影(キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が50キロヘルツ、右側が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深5.1メートル
  • 海底ラインが高さ1メートルほど凸凹している
  • 尾引きの長さが変化している
  • 魚の反応が見当たらない

このGPS魚探画面はカサゴ狙いのポイントを探している最中にボートを走らせながら画面撮影したものです。
カサゴは岩礁帯や捨て石、障害物周りに棲息し、その遊泳層は海底付近となるので魚探でカサゴそのものを見つけるのは難しいのが実状ですが、GPS魚探があれば棲息場所を探すことも比較的容易に行えます。
実釣時間を少しでも長く稼ぐためにも出航前からポイントの目星をつけておいた方が良く、そんなときに役立つのがGPSプロッターのチャートで、特に等深線の細かな情報が盛り込まれているnew pecチャートはポイント探しにも大きな効果を発揮してくれます。
画面左側のGPSチャート部分には自船位置や等深線はもちろんのこと、瀬の名称や暗岩の情報も表記されています。

カサゴは前述したように岩礁帯などの障害物周りに棲息するので瀬や暗岩付近に多く分布している可能性が高く、大まかなエリアを特定する有効な指針となります。むろん、危険界線や暗岩については近づき過ぎないよう航行に際しては細心の注意を払う必要があることはいうまでもありません。
現場ではGPSチャート情報だけではなく、魚探によって捉えた海中情報も併せてポイントを絞り込みます。
その際にはGPSチャート上に航跡を残しながら航行し、魚探画面にてカサゴが棲息するであろうポイントを見つけ出すことになります。

ボートを一定のスピードで進め、魚探画面から得られる水深、海底起伏、さらに海底ラインから下側へ伸びる尾引きなどの情報に注目します。
その際の船速は2ノット(人が歩く速さくらい)程度が望ましく、それはココだ!!と思うポイントにて即座に停止できることや、水深が浅い場所で起こりがちな水面付近の泡による魚探表示への悪影響を抑えるうえでも有効です。
自船の航跡を残すことは網羅的にポイントを探すうえでも有効であり、また通り過ぎたピンポイントに戻るうえでも有効となります。

険しい岩礁地帯では根掛かりに注意しながら、カサゴの目の前にエサを落とし込んでいく必要があります。また、アタリが届いてからはカサゴに根に潜られないよう速やかにカサゴを根から引き離す必要があります。
1尾でもカサゴが釣れ上がったポイントには複数のカサゴが分布しているはずなのでGPSプロッタ上に登録してそのピンポイントを攻め続ければ追釣可能です。
しかしながら、ここで注意して頂きたいことがあります。
カサゴ類は海中での移動が少ないうえに成長が遅い魚なので、一箇所のポイントを集中的に攻めると釣り尽くしてポイントを枯らしてしまうことにもなりかねません。そうならないためにも資源保護を意識した釣りを心掛けて頂きたいと思います。

  • カサゴを追う vol.4 釣果写真 成長が遅い魚なので小型のカサゴが釣れたら魚体に触れないようにやさしく扱い、リリースしたい
  • カサゴを追う vol.4 水中画像 岩礁周りにて岩の一部のように擬態し、エサとなる甲殻類や小魚が近づいてくるのを待っているカサゴ

岩礁帯に棲息するカサゴの映像です。海底付近にジッとしていることが多いので魚群探知機では捉えにくい魚の一つですが、岩礁やゴロタ石、ストラクチャー周りに棲息するので魚探で海底地形をチェックすることで棲息場所は比較的容易に見つかります。
容姿そのものが岩のようなカサゴは自身の存在に気づかれないように岩礁やゴロタ石、ストラクチャー周りにジッと身を隠し、エサとなる小動物が近づいて来たら襲い掛かって捕食します。この映像ではカサゴ以外に潮流による浮遊物の流れ方についても注目して欲しいのですが、映像前半が潮の流れが止まっている状況でカサゴは岩礁の上でジッとしており前述したようにエサが来るのを待っている状況です。一方、映像の後半は潮が流れている状況で活性の上がったカサゴはエサを求めて潮上方向へも泳いでいく活動的な一面を見せています。

水中映像一覧

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F