HOME 魚種ごとの反応 ヒラマサを追う vol.1

魚種ごとの反応

ヒラマサを追う vol.1

GPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

ヒラマサを追う vol.1 GPS魚探映像 刻々と変わるベイトフィッシュの泳層を読み取りながら、適したタナを攻めると有効です

ボートは、風と潮の影響を受けながら0.5ノット程度の速度でゆっくり流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深25.2メートル
  • 海底底質はRCKS(岩)とGRVL(小石)が交互に表現されている
  • 宙層に魚群反応が多く映し出されている
  • 海底から7~8メートルの魚群は体長20センチ前後の魚である

この釣り場ではジギングによって6キロ級のヒラマサを釣りました。といっても、魚探画面でヒラマサの存在を確認したうえで釣ったという訳ではありません。
ヒラマサは小型 (4キログラムくらい) のものであれば群れで行動しますが、それ以上になると単独行動するものが多くなります。

魚探では魚群よりも単体魚の方が反射波を捉えにくく、反応を表示しにくいと経験上感じています。魚探は送受波器によって海中に向けて発信した超音波の反射波を捉えるという原理であることは何度も触れていますが、魚を捉えられるかどうかは送受波器に対する魚の相対的な速さや、魚体内の浮き袋の大きさ、向きなど様々な要因が影響します。

そのようなことからも、ヒラマサ狙いのポイント探しは、ヒラマサそのものを探すより、ヒラマサが好んで捕食するイワシやアジなどを探すことが賢明です。魚探でベイトフィッシュ(エサとなる魚)を捉えたら、次にヒラマサらしき大型魚の反応が映っていないかを確認することになります。

上の魚探画面では宙層に映った群れがアキュフィッシュ機能により20センチ前後の魚であることが判ります。水中画像にあるようなアジの群れかもしれません。このようなポイントには必ずといっていいほど、ヒラマサ、カンパチ、ブリといった大型魚が捕食のために回遊して来るのでチャンスがあります。

「マッチ ザ ベイト」という釣り用語があります。その時に魚が捕食している小魚等のエサと同じ大きさや形、色のルアーを使用することの意味で、ルアー選定時の基本となります。

魚探のアキュフィッシュ機能はルアーのサイズ選定時に大きな指針となるのでオススメです。

  • ヒラマサを追う vol.1 釣果写真 6キロオーバーのヒラマサ。もっと大物が居るかと思うと本当にワクワクします
  • ヒラマサを追う vol.1 水中画像 ヒラマサは写っていませんが、アジやネンブツダイなどのベイトフィッシュが集まる好ポイントです

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:9型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1971F