HOME 魚に逢いたくて クロムツを追う vol.2

魚に逢いたくて

クロムツを追う vol.2

このGPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

クロムツを追う vol.2 GPS魚探映像 海底拡大機能は深場釣りにおける海底付近の情報をより明確にしてくれる有効な表示機能となります

ボートはスパンカーを使ったエンジン流しにより船速0.2ノット程度で流しました。
魚探から発信する超音波の周波数は50キロヘルツで、画面右側からAスコープ表示、通常の魚探表示、そして海底付近の一部(50メートルの範囲)を拡大表示したものとなっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深221メートル
  • 海底地形の変化は少ない
  • 海底から約15メートルの範囲に淡い魚群反応が見られる

このGPS魚探画面はクロムツを釣っている合間にキャプチャー(撮影)したものです。
「この魚探は水深何メートルまで使えますか?」という質問を度々頂戴しますが、使用条件によって結果に大きな差が生じるので水深の値を明言することを避けるようにしています。
例えば、送受波器(振動子)の取り付け状況や装置本体の設定状況、さらに当日の使用環境によっても探知能力が大きく左右されることになるからです。
確かに手前船頭で釣り場の判断を行なわなければならないボートフィッシングにおいては水深や海底地形、さらにはお目当ての魚をキャッチできるかどうかは最も重要なことであり、その質問は理解できます。

クロムツを追う vol.2 周波数による特徴 周波数の違いによる到達距離、指向角、分解能を把握しておくと周波数選択時に役立ちます

ここで、周波数の違いによる到達距離、指向角、分解能をおさらいしておきましょう。
周波数は低いほど超音波が減衰しにくく到達距離が長くなり、探知可能な範囲の目安となる指向角(実際には発信強度が半分になる角度)は広くなります。逆に周波数が高いほど超音波が減衰しやすく到達距離が短くなり、指向角は狭くなります。これらをまとめると右表のようになります。
超音波の伝達にはこのような特性があるので、水深が深い場所の情報を得ようと思ったら低周波の方が有利となり今回も「LF (Low frequency)」つまり低周波となる50キロヘルツの方を使用しています。

感度調整については今回、魚探が最適な状態にて画面表示してくれる「Fishing」モード、つまりオート(自動)にセットしたまま使用しました。さらに水深が深くなるような場合にはマニュアル(手動)設定にて感度調整を行なうことをオススメします。
但し、むやみに感度を上げると、画面全体にノイズが発生しやすく、海底や魚群反応がノイズに埋もれて分別しづらくなるので注意が必要です。特に超音波の減衰が高周波に比べて少ない低周波では深場の探知に有利となる反面、指向角(捉えやすい範囲)が広くなるので他船から発信される超音波と干渉しやすくなります。
いずれにしましても、深場の淡い反応をキャッチするには魚探の能力をフルに引き出す必要があり、そのためには送受波器(振動子)は船底を貫通させるスルーハル方式にて取り付けることをオススメします。

話をクロムツねらいに戻しましょう。
海底から数十メートル上までを遊泳層としているクロムツをねらう上ではその魚群反応をキャッチするうえで海底拡大機能の活用がオススメです。
これは海底付近の反応表示を切り出し、縦(水深)方向に拡大して表示するので海底付近に分布するクロムツの魚群反応を見つけやすくなるためです。
魚探画面の最上部に繰り返し表示される分時マークは1色分の長さが30秒間の経過を示しており、今回の画面では1色と空白部分が9回繰り返しているので、クロムツらしき魚群を4分30秒間(30秒×9回)以上にわたってキャッチしていたことになります。
実釣当日、この魚群反応が出続けている間中、クロムツが釣れ続き、久しぶりの大漁を味わうことができました。

  • クロムツを追う vol.2 釣果写真 ボート直下に魚群反応がとどまってくれると多点掛けがねらえます
  • クロムツを追う vol.2 釣果写真 深場の高級魚クロムツですが、よい群れが見つかると好釣果となることもしばしばあります

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F