HOME 動画ギャラリー

動画ギャラリー

魚が泳ぐ姿を捉えた水中動画やGPS魚探の使い方などをご紹介

水中映像

釣り魚の生態を短い動画でご紹介します。

マハタ vol.1

水深23メートルの砂地に根(岩礁)が点在する場所で撮影した体長40センチほどのマハタです。ダイビングで一般的に潜る水深20メートル付近ではアカハタやオオモンハタを見る機会が多いものの、マハタを見る機会は意外と少ない・・・と長年ダイビングをやってきて感じています。
同様にボートフィッシングにおける実釣においてもマハタが釣れる水深はアカハタやオオモンハタよりも深いと感じており、ダイビングでの観察結果とつじつまが合います。そしてもう1点、遊泳層についてもつじつまが合います。マハタはこの映像にあるように海底から3メートルほど浮いて泳ぐ姿をよく観ることができ、時には5メートル以上も浮いた姿も確認しています。ラバージグを用いた釣りにおいても海底から5メートルほど上のタナでヒットすることがよくある魚であり、その遊泳層を意識して挑むことでマハタを手中に収めやすくなるかもしれません。

魚種ごとの反応「マハタ」の記事を読む

GPS魚探を使いこなして絶好釣!

フルノフィールドテスター小野信昭氏が、「GPSプロッタ魚探の画面を判断して」「ポイントを絞り込み」「実際に魚を釣り上げる」── その一部始終を動画に収録しました。GPSプロッタ魚探を使いこなしたい全てのボートアングラーにとって、見逃すことのできない貴重な映像です。
さらには前アタリからスリリングなやり取りまでを撮った動画は、釣り人のアドレナリン分泌を刺激すること間違いなし!

※ この動画はボート倶楽部2014年11月号に付録DVDとして掲載されたものを再編集したものです。

プレゼンテーション

ジャパンインターナショナルボートショーで行ったプレゼンテーションの模様をご紹介します。