HOME 魚に逢いたくて シロギスを追う vol.3

魚に逢いたくて

シロギスを追う vol.3

このGPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

シロギスを追う vol.3 GPS魚探映像 海底付近に小魚の魚群反応が在るときは天敵が少ない状況と判断することもできる

ボートは風と潮の影響を受けつつ0.3ノット程度で流しながらキャプチャー(撮影)したもので、ディスプレイは左からGPSプロッタ画面、魚探画面は左側が周波数50キロヘルツ、右側が200キロヘルツ、そして右端がAスコープとなっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深は11.7メートル
  • 海底底質はSAND(砂)が続いている
  • 海底にわずかな起伏がある
  • 海底から1メートル位のところに魚群反応がある

この釣り場ではシロギスを狙いました。

初夏から盛夏にかけてシロギスは水深2~30メートルの砂地に広く分布しています。この時季なら通い慣れたゲレンデにおいては魚探が無くてもシロギスの釣果を得ることができるかもしれません。でもそれは活性が高い時の話です。
シロギスも状況次第ではなかなか釣果に結び付かないケースもあります。それはビギナーではなく、場数を踏んでいるベテランほどシロギスの活性が低いケースを経験しています。

活性が低くなるパラメータとしては、水温、潮流、透明度、天敵の存在などが考えられ、そんな時ほどボートフィッシングにおいてはポイント選定が釣果のカギを握ります。
低活性時に釣果を上げるには夏場であっても広くまばらに分布しているシロギスを狙うのではなく、シロギスが溜まりやすい好条件のピンポイントを集中的に攻める作戦が効果的です。

この魚探画像では底質判別機能により底質がSAND(砂)と判別されており、さらに高低差1メートルほどのわずかな起伏が海底ラインに映し出されています。
海底ラインが周期的な凸凹ではないので、その発生原因がボートの揺れによるものではないことがわかります。つまり海底にはわずかな起伏が実在していることになります。

砂地のわずかな窪み(ヨブ)にはシロギスが好んで集まりやすく、ここに仕掛けを持って行くことができれば、数が多いことによる競争心を持ったシロギスの活性を期待できます。
この画像のキャプチャー(撮影)時は波もなく、わずかな海底起伏も明確に捉えることができましたが、波やウネリの状況次第では捉えにくいような場合もあります。
そのような時には試しに仕掛けを投入して、窪みを察知する一手がおすすめです。仕掛けを遠投し、オモリが海底を引きずるようにゆっくりと巻くことで海底の凸凹状態をリサーチします。
昨今の伸びの少ないPE素材のラインと繊細な穂先を持ったロッドなら、海底の起伏が手の取るように判ります。竿先にわずかな重みを感じたら、その場所に窪みがある(あるいはカケ上がり)ということになります。

付近の海域が全般的に低活性な状況においても、前述したような窪みを見つけたら、一人だけ、釣果に恵まれるということにもつながります。
シロギスは海底付近を泳ぐので魚探には映りにくい魚の一つですが、魚探を駆使することで自分だけの好ポイントを見つけ出すと、釣りがより一層楽しくなります。

  • シロギスを追う vol.3 釣果写真 良型は刺身や塩焼きに、小型のものは天ぷらがおすすめ
  • シロギスを追う vol.3 水中画像 シロギスは海底付近を泳ぐので魚探では捉えにくい魚のひとつ

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F