HOME 魚種ごとの反応 シロギス

魚種ごとの反応

シロギス

通り道を探す

「釣りは(フナ)鮒に始まり、鮒に終わる」という名言があるが、海のボート釣りに限定すれば、初めてのターゲットはシロギスだった。・・・という人が多いことと思う。シロギス釣りはボート釣りの基礎中の基礎ターゲットと言えよう(もう一つ、サビキのアジ釣りから入門する人も多いが)。ビギナーからベテランまで楽しめるシロギスは、簡単でありつつも、本気で極めようとするととても奥の深い魚でもある。

というわけで、今回、魚探を活用した、シロギスの狙い方を紹介しよう。水温が高い初夏から秋口に掛けては、水深2~15mくらいのエリアがポイントとなり、砂地であれば、当てずっぽに仕掛けを投入してもそれなりに釣れるものだ。しかし、水温が低い時期は、釣り場によっては水深40m以深まで落ち、砂地であってもよく釣れるポイントとアタリの少ないポイントがある。つまり、ポイントの選択が大きく明暗を分ける奥深さがある。

砂地の中の凹凸を探せ!

シロギス 岩礁や藻場などの根際はジャンボギスの寄り場。外道の猛攻と根掛かりに耐える根性も必要だ。

シロギスが好む底質は、砂や泥。さらに、ただ平坦で広い砂地よりも、窪みやカケ上がりなど、凹凸のある場所を好む。泳層は海底から50cmくらいまでで、2~50尾の群れで行動している光景をスキューバダイビングでよく見かけた。シロギス自体、魚体サイズが小さく、前述したように、魚群を構成する数が少ない上に、泳層も海底付近となるため、魚探でシロギスの反応らしきを見つけるのはかなり難しい。しかしながら海底の底質、形状、そして砂泥底に点在する小さな根などを見つけることにより、シロギスの好ポイントもある程度は予測がつく。

魚探を用いたポイント探しで注意していただきたいのは、ディスプレイに表示された海底ラインの凹凸。砂地のわずかな窪み(ヨブ)などを好んで集まりやすいとは言え、揺れの影響で、平らな海底も凹凸のノコギリ状に表示することがある。この画像を見て、好ポイントと勘違いしないことだ。判別が困難な場合は、試しに仕掛けを投入して、窪みを察知する一手もおすすめ。できるだけ遠方に投げ、オモリが海底を引きずるようにゆっくりと巻く。そして竿先にわずかな重みを感じたら、その場所に窪みがある(あるいはカケ上がり)ということになり、集中的に狙うと数がそろう好スポットになる。

数より型にこだわるキスマニアなら、とにかく砂と根が入り混じった場所を見つけるのが近道だ。その根と砂地の境目は「根際の砂地」とも呼ばれ、良型シロギスが集まる好スポットになっている。(水中画像参照)図は、根際の砂地が魚探ディスプレイに表示されたときのイメージだ。夏場はシロギス以外にも、良型のカワハギやキュウセンが交じることもあり、細身のキスタックルでスリリングなヤリトリが楽しめる。

小さな群れで行動するシロギスは、潮汐による潮流の影響などで、時間とともにエサを探し求めながら小移動を繰り返す。そのときの主な「通り道」が、以上に記したヨブ、溝、カケ上がり、そして根際の砂地なのである。魚探を駆使して地形を読みとり、こうしたベストポイントを探し当てていただきたい。

  • シロギス
  • シロギス

記事:小野信昭さん 協力:隔週刊つり情報

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F