HOME 魚に逢いたくて マダイを追う vol.5

魚に逢いたくて

マダイを追う vol.5

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マダイを追う vol.5 GPS魚探映像 底質判別機能により、底質がいろいろ変化していることがわかる

ボートはスパンカーを使ったエンジン流しにて船速0.2ノット程度でゆっくり流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深41.7メートル
  • 海底ラインがほぼフラット(平坦)
  • 底質がRCKS(岩)、MUD(泥)、SAND(砂)、GRVL(小石)と入り乱れている
  • 海底から20メートル以内の範囲に魚の反応が映っている
  • 単体魚の体長が赤字で「59」「36」「42」などと表示されている

この日のターゲットはマダイで、タイラバ釣法にて狙いました。

魚探画像の海底から20メートルの範囲に映し出されている魚群反応はウルメイワシと考えられます。というのも、この画面を撮影した直後に釣り上げたマダイを料理のため捌いたところ、胃袋にウルメイワシが3尾入っていたためです。

釣りの世界では「マッチ・ザ・ベイト」という用語があります。その時、魚が捕食しているエサと同じサイズ、同じ形、同じ色のルアーを使用する・・・という意味です。
前述したように当日はタイラバ釣法にて狙いましたが、胃袋からウルメイワシが出てきたことを考えると、ウルメイワシに似たメタルジグを使って狙った方がもっと釣れたかもしれません。

水中画像は別の場所にてスキューバダイビングでマダイの捕食行動を撮影したものです。写っている小魚はウルメイワシで、60センチ級のマダイが逃げるウルメイワシを執拗に追い回していました。

魚探画面に話を戻すと、ウルメイワシらしき魚群反応の中に、赤字で「59(センチメートル)」を最大値にして「53」や「45」などの数値が見られます。これはアキュフィッシュ機能により表現された単体魚のサイズで、この数値のどれかがマダイである確率が高く、釣り上げた1尾のみならず複数のマダイが存在していたと考えられます。

ボートはスパンカーを使ってゆっくり流しているので海底はフラットに映っていますが、底質判別機能により底質が目まぐるしく変化しています。このような釣り場にて、この画像のように魚群反応が映り、アキュフィッシュ機能による単体魚の数値が映ったら、チャンスです。マッチ・ザ・ベイトを意識し、その場に合ったエサを考えながら挑みましょう。

  • マダイを追う vol.5 釣果写真 タイラバ釣法にて釣り上げた50センチ級のマダイ
  • マダイを追う vol.5 水中画像 60センチ級のマダイがウルメイワシを執拗に追い回していた

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F