HOME 魚に逢いたくて マゴチを追う vol.3

魚に逢いたくて

マゴチを追う vol.3

このGPS魚探画像はマゴチ狙いで出航した際にポイントを探す過程で撮影したものです。

マゴチを追う vol.3 GPS魚探映像 水深40メートル以下で、底質が砂や泥、そして、海底はあまり大きく傾斜していない場所がマゴチの棲息条件です

ボートは約2ノット(人間が歩くほど)のスピードで進めながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深15.7メートル
  • 海底底質はSAND(砂)、RCKS(岩)、MUD(泥)と変化に富んでいる
  • 底層に単体魚のサイズ表示(23センチ)がある

まずGPSチャートに描かれる等深線についておさらいしておきましょう。等深線は文字どおり等しい深さのところを結んだ線で、隣の線との間隔が広いところが緩やかな斜面で、逆に間隔が狭いところが急な斜面になります。つまり等深線を見ることで海底起伏の状況を把握できます。
GPS画面中央の自船マークがチャート上での自船位置であり、オレンジ色の線が航跡(通ってきたルート)です。

マゴチは水深が40メートル以下で、底質が砂や泥、そして、海底はあまり大きく傾斜していない場所を好んで棲息しています。

ポイントの探し方を具体的に説明すると、まずGPSチャートの等深線を見て大まかな進行方向を決め、魚探画面を見ながら2ノット程度の船速にてマゴチが好む前述した条件(水深、底質、起伏)に適合する場所を探します。
実際にこの画面を撮影した直後にスパンカーを使って風とエンジンの推進力のバランスを取りながらボートを流し、釣り糸を垂らしました。

なお、魚探画面の海底付近にはアキュフィッシュ機能により23センチという単体魚のサイズ表示が出ていますが、これはマゴチではなく別の魚です。というのもマゴチは海底に這っている魚なので、魚探で捉えるのは困難です。またマゴチはもともと広範囲を泳ぎまわる魚ではないのでマゴチの居る近くに仕掛けを降ろさないかぎりなかなか釣果には結びつきません。そのためにもボートを移動させながら釣れるポイントを探っていく必要があります。

とはいえ、マゴチは泳ぎが遅く、さらに泳ぎの持続時間が短い魚なのでボートの移動が速いとエサに追いつけないだけでなく、たとえ喰ったとしても違和感を感じてしまい、一旦咥えたエサを吐き出してしまいます。特に生きた小魚をエサにした泳がせ釣りではマゴチに適した速さ(2メートル以下/分)で流す必要があります。

ボートフィッシングにてマゴチを仕留めるためにはポイント探し、そして適したボートコントロール、この両面が求められ、そのためにはGPS魚探は不可欠です。

  • マゴチを追う vol.3 釣果写真 初夏には水深5~10メートルの範囲で好釣果に恵まれることがよくあります
  • マゴチを追う vol.3 水中画像 マゴチの遊泳層は海底付近で、捕食時に浮上したとしてもせいぜい1メートル程度です

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F