HOME 魚に逢いたくて マゴチを追う vol.2

魚に逢いたくて

マゴチを追う vol.2

GPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

マゴチを追う vol.2 GPS魚探映像 底質がSAND(砂)で、海底ラインに凸凹の在る場所がマゴチの好ポイント

ボートは約2ノット(人間が歩くほど)のスピードで進めながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が周波数の50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深15.8メートル
  • 底質はSAND(砂)
  • ボートは水深の浅い方へ進めている
  • 海底が凸凹している
  • 宙層に魚群反応が映っている

この画像はマゴチを釣った実績ポイント付近で撮影したものです。

マゴチは水深40メートル以下の沿岸部に生息し、左下の水中画像を見ると分るとおり砂地や砂泥地を好み、海底に身を伏せ、じっとしている魚です。
つまり、船底に取り付けた送受波器から海底までの距離と、マゴチまでの距離が等しくなるので、魚探ではマゴチそのものを捉えるのは困難です。

マゴチが好んで捕食するのはメゴチやハゼ、シロギスなどの小魚で、それらが生息する砂地にはマゴチが分布している可能性大です。小魚以外にも岩礁地帯に生息するエビやカニも好物なので、マゴチを狙うなら砂地に岩礁が点在するような場所が好ポイントになります。

この魚探画像に映し出された海底ラインは凸凹していて、一見、岩礁地帯のように思われてしまいますが、海底底質判別機能により底質がSAND(砂)と表現されています。
矛盾しているように感じられますが、これは探知した範囲の海底底質が全体的には砂地ですが、一部分に岩礁が存在していることを意味しています。

水深40メートル以下で、この画像のような底質および地形反応が得られれば、そこがまさしく、マゴチの好ポイントとなります。
ボートをゆっくり流しながら広範囲を探るマゴチ釣りでは、魚探画面に砂地であることが表現され続け、さらにこのような海底地形(凸凹)が断続的に映し出されることを確認することでポイントを外すことなく、効率よくマゴチポイントを攻めることが可能です。

  • マゴチを追う vol.2 釣果写真 根際の砂地を攻めると本命マゴチ以外にも高級魚が揃いやすい
  • マゴチを追う vol.2 水中画像 好条件の場所には複数のマゴチが生息しているので、1尾釣れたら追釣りのチャンス

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F