HOME 魚に逢いたくて コウイカを追う vol.2

魚に逢いたくて

コウイカを追う vol.2

GPS魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

コウイカを追う vol.2 GPS魚探映像 ボートの移動が遅いと海底に起伏が存在しても魚探画面の海底ラインは平坦に表示されることがあるので、底質判別機能がより一層有益な情報となります。

ボートは風と潮の影響を受け、約0.5ノットのスピードで流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、ディスプレイは左からGPSプロッタ画面、魚探画面は左側が周波数50キロヘルツ、右側が200キロヘルツ、そして右端がAスコープとなっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深24.3メートル
  • 海底底質はSAND(砂)、GRVL(小石)となってる
  • 周波数50キロヘルツの魚探画像には底層に魚群反応が映っている

この画像はコウイカの実績ポイントにて撮影したものです。
コウイカは沿岸部の水深5~60メートルで、海底底質は砂地や砂れき(小石)帯で、平坦な場所ではなく、カケ上がりや、小さな根が点在するような場所を好んで棲息しています。
甲殻類や小魚が大好物で、動きが遅い甲殻類を捕食するのは得意ですが、小魚を捕食する際には泳ぎが遅いコウイカは小魚を追い回すのではなく、相手に気付かれないように隠れつつ、相手の方から近づいてくるのを待ち、射程距離となった時、触腕を伸ばして襲い掛かります。スキューバダイビングではコウイカが体色を目まぐるしく変えながら忍者のごとくゆっくり泳ぐ姿や、石コロのようにじっとして隠れている姿を見掛けることができます。
このように遊泳層が海底付近となるコウイカは魚探でその姿を捉えることが難しく、ポイント探しはもっぱら、前述した海底底質と地形の特徴が合致する場所を探すことになり、底質判別機能が役立ちます。


上記のGPS魚探画面は船速表示がOFFになっていますが、実釣時は船速を表示し、時速0.5ノット以下にて流すといいでしょう

実釣時のボートコントロールは船速の出過ぎに気をつける必要があります。エンジンを止めていても風や潮によって思いのほか早くボートが流されることがあります。
コウイカのように捕食行動においても動きが遅いターゲットを狙う際には、ボートの移動が速すぎると釣り人が垂らした仕掛けに追い付くことができないためです。コウイカの場合には船速は0.5ノット以下(およそ時速1キロメートル)が必須です。

ポイント探しでは魚探による水深と海底底質、海底地形をチェックし、ボートコントロールではGPSプロッタによる船速のチェックがコウイカ釣りには求められます。

  • コウイカを追う vol.2 釣果写真 左がカミナリイカ(紋甲イカ)で、右の2ハイがコウイカで、どちらも美味しいコウイカ類です
  • コウイカを追う vol.2 水中画像 海底にじっとしているコウイカはまるで石のように見えます。これに気付かずに近づいてくる小魚や甲殻類を捕食します

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F