HOME 魚に逢いたくて カワハギを追う vol.2

魚に逢いたくて

カワハギを追う vol.2

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カワハギを追う vol.2 魚探映像 ウネリによって周期的な凸凹が表現されていますが、尾引きの長さに着目すれば底質の違いも判別できます

シーアンカーを使って風と潮流の影響を受けながらボートを大変ゆっくり(0.2ノット程度)で流しながら撮影したもので、魚探から発信する超音波の周波数は200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深32.8メートル
  • 海底は険しい凸凹地形となっている
  • 尾引きの長さの違いにより底質に違いがあることがわかる
  • 海底付近に単体魚が映っている

この釣り場で狙ったのはカワハギです。カワハギは本州全域の沿岸に分布し、食味と釣趣の両面から近年、沖釣りにおける大人気のターゲットとなっています。

カワハギが好んで生息する釣り場の特徴は岩礁周りとなりますが、水温が高い時期には水深10メートル以下の砂地にも回遊してくることがあり、シロギス狙い最中にヒットすることもしばしばあります。

水温低下ととも深い方へ生息する水深を変えていきます。

この魚探画像の32.8メートルは秋にカワハギを狙う際に攻めるべき水深で、その頃の海底底質は砂地ではなく、岩礁周りを狙います。

画面に映し出された海底ラインは凸凹であり、パッと見ただけでは単なる岩礁帯だと推測しがちです。実はこの画面撮影時は周期的なウネリがあり、その影響が海底ラインにも表現されています。また、よく見ると海底ラインから下側に伸びた"尾引き"の長さが画面左側と右側とでは違いがあります。岩のように固い底質では超音波が反射しやすく、魚探が捉える反射波が強いので尾引きが長くなりますが、砂や泥のように超音波を反射しにくい底質では尾引きが短くなります。つまり、この画面内では右端付近で尾引きが短くなっているのでボートが岩場から砂地または泥地に移動したことがわかります。

さらにこの魚探画面はアキュフィッシュ機能ONの設定にて撮影したので、捉えた単体魚の体長を数値で表現しています。そのどれもが海底付近であり、数値を読み取ると「18」「13」「19」等(単位はセンチメートル)となっていて付近一帯でよく釣れるカワハギのサイズと一致します。

むろんアキュフィッシュ機能の魚体長表示は多少誤差が生じるかもしれませんが、この水深にこの海底地形、そして、海底付近にこの魚体長表示の数値を見たら、その魚がカワハギである可能性大です。

カワハギのベストシーズンは秋、魚探を駆使して、一歩進んだカワハギ釣りを楽しんでみませんか?

  • カワハギを追う vol.2 釣果写真 水温の低下とともに肝が大きくなるので、キモ和えなど釣り人ならではの食べ方を楽しもう
  • カワハギを追う vol.2 水中画像 根際の砂地にいたカワハギ。すく左には外道としてよく掛かるキュウセンも写っている

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F