HOME 魚に逢いたくて カタクチイワシを追う vol.1

魚に逢いたくて

カタクチイワシを追う vol.1

魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カタクチイワシを追う vol.1 GPS魚探映像 2つの魚群反応の正体はカタクチイワシです

風は無く、潮流のみの影響を受けながらボートは時速0.2ノット程度のスピードで流れました。海中を探知した超音波の周波数は200キロヘルツです。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深34.5メートル
  • 底質はSAND(砂)
  • 海底はフラット(平坦)
  • 宙層に魚群反応がある

この画像の宙層~上層に映っている魚群の正体はカタクチイワシです。
カタクチイワシの反応を解説する前に魚探画面の表示についておさらいしておきましょう。

魚探の画面にはボート直下の最新情報が次から次へと画面右端部分の縦1列に表示され、表示は順次左方向へ移動していきます。つまり、右端部分の縦1列よりも左に表示されたものはすべて過去の情報となる訳です。
最新情報が右端に縦1列で表示されてもそれは「面」ではなく「線」なので、それだけで海中の様子を捉えるのは困難です。左へ移動しつつ画面内に残っている縦の列が複数並ぶことにより「線」ではなく「面」として、海中の様子を視覚的に捉えることができるようになる訳です。

実際の魚探画像に話を戻しましょう。この画像には2つの大きな魚群反応が表示されています。まず先に画面左側の魚群がボート下を通過し、次に右側の魚群が通過している状況です。この右側の魚群は表示された反応の一部が画面の右端部分に掛かっているので、まだ魚群はボート下に存在することを意味しています。

次に「Aスコープ」部分に注目してください。Aスコープはエコー(反射波)の強さを水平方向へ表示する機能であり、最新情報を視覚的に捉えることが可能になります。前述したように通常の魚探では左へ移動しつつ画面内に残っている縦の列が複数並ぶことで海中の様子を視覚的に捉えることが可能になるので、例えば、魚群の存在に気付いた時には既に魚群が通過した後だった…ということも多々あります。一方、Aスコープなら最新情報だけでも視覚的に捉えることができるので、リアルタイムでボート下の状況を知る上で有効な手掛かりとなります。

実際にこの画面の撮影直後にサビキ仕掛けを降ろすと13センチほどのカタクチイワシが鈴なりに釣れました。
なお、画面内にはアキュフィッシュ機能により単体魚の体長が数値で表現されています。釣り上げた13センチに対し、もう少し大きな数値が表示されていますが、これは魚群の密度が高い時にありがちな傾向で、この様な時には最も小さな数値が実際のサイズに近くなります。

カタクチイワシは青物、マダイ、ヒラメ、根魚など多くの魚が好んで捕食する魚であり、カタクチイワシの行動を知ることで大物狙いの手掛かりになることが多々あります。そのためにも魚探画面の表示情報を正しく理解しておきましょう。

  • カタクチイワシを追う vol.1 釣果写真 食べても美味しいカタクチイワシは万能な生きエサとして活用できます
  • カタクチイワシを追う vol.1 水中画像 ボート直下の最新情報を得るにはAスコープ機能が便利です

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F