HOME 魚に逢いたくて カンパチを追う vol.3

魚に逢いたくて

カンパチを追う vol.3

魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カンパチを追う vol.3 GPS魚探映像 海底付近の魚群反応の正体はアジやイサキで、その上側に単体魚が映し出されている

この画像はボートを約0.3ノットの船速にて流しながら撮影(画面キャプチャー)したものです。魚探から発信する超音波の周波数は50キロヘルツと200キロヘルツで、それぞれ画面の左側と右側に示してあります。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深40.1メートル
  • 海底底質はRCKS(岩)が連続している
  • 海底から約15メートルの範囲に魚群反応がある
  • 海底付近の魚群反応の上側に単体魚の反応がある

カンパチ狙いでのポイント探しはカンパチそのものを魚群探知機にて判別するのが難しいことからカンパチが好んで捕食するいわゆるベイトフィッシュの行動からポイントを絞り込むのが有効な方法となります。

以下の3ステップがポイント探しを行う上で重要です。
ステップ① ベイトフィッシュを見つける
ステップ② ①で見つけたベイトフィッシュのおかれている状況を確認する
ステップ③ ベイトフィッシュを取り巻く周囲の状況を確認する

カンパチが捕食するベイトフィッシュは主にイワシ、アジ、イサキ、タカベ等であり、これらはどれも群れを形成する魚なので、ステップ①ではこれらベイトフィッシュの群れを魚探にて探すことになります。
ベイトフィッシュは潮流が速い時には自らが捕食行動をとりながら回遊します。その際の魚探に映し出される群れの形状は整っており、密集度合いは比較的均一の状態となります。
逆にベイトフィッシュに危険が迫っているような状況、例えばカンパチやヒラマサ、ブリ等の天敵となる大型魚が近くで捕食行動をとっているような状況ではベイトフィッシュの群れは不規則な形状となり、密集度合いの均一性が崩れます。
ステップ②ではこのようにベイトフィッシュの群れの形状や密集度合でカンパチの存在を推測します。
ステップ③はベイトフィッシュ付近の単体魚の有無を確認します。

水中画像はスキューバダイビングにて捕食行動中のカンパチを撮影したもので、数百、数千という小型イサキの群れの上側を40センチ級のカンパチが10尾ほどの群れをつくって繰り返し襲い掛かっていました。
但し、このような状況の時のカンパチは泳ぎが速く、送受波器から発信される超音波の指向角の範囲を一瞬にして通過するので、魚探ではその行動を連続して捉えにくくなります。
単体魚の体長を数値表現するアキュフィッシュ機能も泳ぎが速い単体魚に対しては数値表示に誤差が生じやすくなります。
そこで、アキュフィッシュ機能ではサイズの情報を得るというよりも単体魚の有無を知る手掛かりとして活用すると、捕食行動中のカンパチを探すうえでも有効なものとなるのでオススメです。

  • カンパチを追う vol.3 釣果写真 ジギングにてゲットした40センチ級のヒレナガカンパチ。このサイズでも引きは強烈だ
  • カンパチを追う vol.3 水中画像 数百、数千という小型イサキの群れの上を10尾ほどのカンパチが悠々泳いでいる

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F