HOME 魚に逢いたくて カンパチを追う vol.1

魚に逢いたくて

カンパチを追う vol.1

魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

カンパチを追う vol.1 GPS魚探映像 魚群反応が割れ、その直後に魚群反応の厚みが増すのが特徴です

この画像はボートを約0.3ノットの船速にて流しながら撮影(画面キャプチャー)したものです。魚探から発信する超音波の周波数は50キロヘルツと200キロヘルツで、それぞれ画面の左側と右側に示してあります。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深37メートル
  • 海底底質はRCKS(岩)が連続している
  • 海底から約10メートルの範囲に魚群反応がある
  • 魚群反応の上に単体魚の反応がある

この場所で釣ったのはカンパチです。といっても、サイズは35センチ程度のものです。
カンパチはアジ等の小魚を好んで食べることから、その食性を利用した釣法が有効です。代表的なものとしては、生きた小魚をハリに付けて泳がせる「泳がせ釣り」や、逃げ惑う小魚を真似たアクションをルアーに与える「ジギング」があります。釣り場は潮通しが良い場所で、小魚が多く集まっていることが必須条件となります。
魚探にて小魚の魚群反応が見つけたとしてもそのポイントにカンパチが居るとはかぎりません。小魚の数に比べカンパチの絶対数が少ないためです。

カンパチが居るのか居ないのかを見分ける判断としては、魚探画面に映し出された反応表示の中に魚群反応とは異なる単体魚の反応が存在するかどうかが一つの目安になります。
今回紹介した魚探画面には海底の上に魚群反応があり、さらにその上にアキュフィッシュ機能により単体魚の魚体長が数値表示されています。この機能は魚体長を知る上でももちろん有効ですが、単体魚の存在を知る上でもとても有効なものとなります。

さらにカンパチの存在確率を引き上げる情報が画面に表示されているので紹介します。
それは小魚の魚群反応が途中で割れていることです。ただ単に魚群反応が割れている反応表示はボートが流れることや魚群が回遊することでボート直下から魚群が途絶えた時にも発生するので割れた反応を見つけただけで喜ぶのは早合点となります。カンパチの存在を期待していい表示は、”魚群反応が割れた直後に反応の厚みが水深方向に増える”ことが特徴です。

カンパチの捕食行動をスキューバーダイビングにて観察すると、カンパチが小魚の群れに突っ込むと群れが上下方向に割れました。その上方向に逃げた魚群が魚探画面には反応の厚さが増す変化として表示されることになります。
カンパチは襲いかかった直後は一旦、小魚の群から離れ、再び群れが密集するのを他の場所を回遊ながら眺めていて、群れが密集したところで再び襲い掛かるということを繰り返していました。その様子を水中にて観察し、カンパチの賢さに感動しました。

小魚の群れに襲いかかるのはカンパチばかりではなく、ワラサやヒラメ、大ダイ、マトウダイなどたくさんあります。でも、秋から初冬にかけてはカンパチである可能性が高いので狙ってみると面白いでしょう。

  • カンパチを追う vol.1 釣果写真 関東ではショゴとかショッコと呼ばれるこのサイズでも引きは強く、アングラーを魅了します
  • カンパチを追う vol.1 水中画像 カンパチは単独、群れのどちらでも行動します。この画像の撮影時には40センチ級のカンパチ12尾がアジとイサキの群れに何度もアタックしていました

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F