HOME 魚に逢いたくて ヒラメを追う vol.4

魚に逢いたくて

ヒラメを追う vol.4

この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

ヒラメを追う vol.4 GPS魚探映像 ベイトフィッシュの存在や釣り場の特徴(水深、海底起伏、底質)がヒラメの棲息を判断する材料となります

ボートは風と潮に任せてゆっくり流しながら撮影(画面キャプチャー)したもので、魚探画面左側が周波数の50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • ボート直下では21.5メートル
  • 海底底質はRCKS(岩)、GRVL(小石) 、MUD(泥)と変化している
  • 海底から約10メートルの範囲までに魚群反応あり

この魚探画面はヒラメ狙いの際に撮影したものです。
ポイントの特徴として魚探画面から得られることは海底には目立った起伏が存在しない、底質がRCKS(岩)→GRVL(小石) →MUD(泥)と変化する、海底から約10メートルの範囲までに魚群が2つ存在することなどです。

魚種を確認するべく魚群反応の真上にボートを持って行き、サビキ仕掛けを降下。上側の魚群のタナではウルメイワシが、下側の魚群のタナでは小アジが釣れました。
ただし、どちらの魚種も1分も経たないうちにボート直下から魚群反応が消え去り、アタリが届かなくなりました。
風と潮の影響でボートが流れていることと、魚群自体が移動している可能性があるためです。それでも数分後には再び魚群反応が映り始めたので、魚群が回遊している可能性大です。

この2魚種がヒラメにとってのベイトフィッシュ(捕食対象魚)であることや、ポイントの特徴(水深、海底起伏、底質)から付近にヒラメが居ると確信し、サビキ仕掛けからヒラメを釣るための泳がせ仕掛けへと変更しました。
ヒラメの捕食行動としてベイトフィッシュが一箇所に留まっている状況ならヒラメはそれらに襲い掛かるチャンスをうかがいながら海底にじっと身を隠していることが多くなります。一方、ベイトフィッシュが回遊している状況ならヒラメもそれらに付いて回るほどアグレッシブに泳ぎ回ることが多くなります。

つまり、どちらのパターンにしてもヒラメは常に'ベイトフィッシュと共に在る'といっても過言ではありません。
ベイトフィッシュが広範囲に分布している場合にはヒラメの居場所も広くなるので、風と潮に任せてボートを流すだけでもヒラメの上に仕掛けを垂らせる確率が高くなり、その分ヒット率が高くなります。
今回、この魚探画面を撮影した時はそんな状況であり、短時間ながらヒラメを5枚ゲットできました。

沿岸部に棲息する身近な大物、ヒラメは釣ってよし、食べてよしの魅力満点の魚であり、寒さが増すこの時期が旬となります。

  • ヒラメを追う vol.4 釣果写真 冬場のヒラメは肉厚で、脂が乗っていて大変美味です
  • ヒラメを追う vol.4 水中画像 海底になりすまし、ベイトフィッシュに襲い掛かるチャンスを見計らっている60センチ級のヒラメ

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F