HOME 魚に逢いたくて 青物を追う vol.2

魚に逢いたくて

青物を追う vol.2

魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できますか?

魚群反応に密度の高い所と、低い所が存在するときは、釣りのチャンスタイムである可能性大 魚群反応に密度の高い所と、低い所が存在するときは、釣りのチャンスタイムである可能性大

この画像に映っている魚群反応は、釣り場を大きく移動する際に見つけたもので、船速を2ノット程度(人が歩くほどの速さ) にまで落とし、撮影(画面キャプチャー)したものです。魚探から発信する超音波の周波数は画面左側が周波数の50キロヘルツ、右が200キロヘルツで海中を探知した反応画像となっています。

この画像からは以下のような情報が得られます

  • 水深41メートル
  • 海底底質はSND(砂)で、地形はフラット(平坦)
  • 海底から上へ25メートルの範囲に魚群反応が映っている
  • 単体魚のサイズがまちまち

この反応が出ている時にメタルジグをフォールし、海底から宙層へのショートピッチのジャークによりイナダの入れ喰いが楽しめました。

イナダは出世魚のブリが40~50センチに成長した段階において関東で呼ばれる名前で、北陸ではフクラギ、関西ではハマチと呼んでいるものです。

追い回すベイトがイワシ類の時には、イワシが上へ上へと逃げる習性があるので、宙層から表層にかけてイナダの魚群反応が現れます。一方、この画像のように下層から宙層にかけて魚群反応が現れる場合にはベイトがイワシ類ではなく、キビナゴや小アジである確率が高くなります。これはダイビングでの目視と、釣り上げたイナダの胃袋内を確認した結果と一致します。

魚探画面にはアキュフィッシュ機能により単体魚のサイズが表示されていますが、数値がまちまちです。この時、釣れ上がったイナダのサイズは45センチ前後のものばかりでした。ではどうしてこのように数値がまちまちに表現されてしまうのでしょうか?

この画面に表現されている魚群反応の密度は一様ではありません。このような時は小魚の群れに何か異変が起きている可能性があります。例えば、小魚の群れに天敵が襲い掛かった場合などが考えられ、小魚が逃げ惑った結果、密集している所とバラけている所が発生したと推測できます。魚体サイズを数値表現するアキュフィッシュ機能では、たとえ小魚であっても密集するとあたかも大型の魚が存在するかのような数値表現になることが時折あります。この様な反応表示の時は密度が低く、バラけている所の数値を信用するといいでしょう。

いずれにしてもこの画像のように、密度の高い所と低い所が存在している場合には、水中にて食物連鎖による捕食活動が行われている可能性が高く、大型魚の活性が高い状況にあると推測できます。つまり釣りのチャンスタイムということになります。

  • 45センチ前後のイナダが数多く釣れた 45センチ前後のイナダが数多く釣れた
  • イナダは必ず魚群を形成して回遊する イナダは必ず魚群を形成して回遊する

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F