HOME 魚探ラボ レンタルボートで魚探活用!

魚探ラボ

レンタルボートで魚探活用!

ビニール袋で魚探活用?!

スノコの上においてはダメ。船底に押し当てよう。 スノコの上においてはダメ。船底に押し当てよう。

レンタルボートを使用する人の中には、My魚探を持ち込む方も多いと思う。
しかしながら、送受波器(振動子)の「船への取り付け」に苦労されている人も多いのでは?

吸盤式はすぐに外れる。せっかく取付用のバー&金具を持参したのに船への形状にそぐわない。なんとか取り付けても、送受波器が大きく傾いてしまう・・・などなどだ。

そこでオススメしたいのが、簡易な裏技、名付けて「ビニール袋」方式である。写真のように、水の入ったビニール袋に送受波器を入れ、ボート内の床に置く。ただそれだけ(船底が単板のボートのみ)。しっかりした固定方法ではないので、手で保持しておかなければならないが、同乗者がいる場合は充分実用的。荷物を減らしたい人にもおすすめだ。

なお、船底部分が二重底になっているボートには、
板を浮かべて魚探活用?!がオススメ!!

板を浮かべて魚探活用?!

板を浮かべて魚探活用?!

レンタルボートに、送受波器(振動子)を設置する簡易な裏技として、ビニール袋で魚探活用?!を紹介したが、船底部分が二重底になっているボートでは使用できない欠点がある。そこで、ボートの種類を選ばず使用可能な方法を紹介しよう。写真でも分かるように構造はいたって簡単。穴を開けた板切れに送受波器を取り付け、海に浮かべればOKだ。ただし、使用時には必ず送受波器のケーブルに負荷がかからないよう、ロープをつなぐことを忘れずに。

もちろん弱点もある。手コギ並みの超低速でしか引っ張れないし、停止時でも波が高いときは送受波器の揺れが大きく、魚探に映し出される情報に誤差が生じる。

送受波器を適当な板に取り付けて、海に浮かべる。ただし、高速走行はできません。

送受波器を適当な板に取り付けて、海に浮かべる。ただし、高速走行はできません。

記事:小野信昭さん 協力:隔週刊つり情報

著者紹介

カートップボート 友恵丸 船長 小野 信昭 さん

FURUNOフィールドテスター DAIWAフィールドテスター 月刊ボート倶楽部ライター

愛艇・友恵丸を車に積んで北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回りボートフィッシングを楽しむアングラー。スキューバーダイビングも経験豊富で、水中を知った上で行なう魚探の解説には定評があり、各地で行なうボートフィッシング講習も人気が高い。また、ボートフィッシングにおける安全面やルール、マナーの啓発にも力を入れており、自身が開設するウェブサイトやボート関連雑誌で古くから呼びかけている。著書「必釣の極意」、共著「魚探大研究」。

ウェブサイト:気ままな「海のボート釣り」
使用機材:7型ワイド、カラー液晶GPSプロッタ魚探 型式 GP-1870F